倉庫業の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

倉庫業の特徴 倉庫業とは、顧客の物品を倉庫等で保管する受託事業で、運送業と並んで物流の中核となる業種です。倉庫業法によって規制されており、登録が必要となります。倉庫業は、数少ない国内で市場規模が拡大している業種です。EC拡大や購買スタイル変化に伴う小口・多頻度の輸送ニーズが高まり、荷主企業も店舗網拡大や店舗運営の効率化のために商品保管機能や輸配送機能の高度化ニーズが高まっています。一方、物流事業者も大量の配送物を短期間で処理するための物流施設や保管・流通加工機能を備えた物流施設などの新設が増加しています。

1~4件を表示 (全4件)
No.7360 閲覧数:477
公開日:2021.04.05
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.7360 閲覧数:477 公開日:2021.04.05 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

地元名産果物の卸売業

飲食店・食品

交渉対象
個人法人専門家

地元名産果物の卸売業

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    4,500万円

  • 地域

    青森県

  • 創業

    50年以上

産地市場から仕入れた地元名産果物を卸売、直売しています。卸売は主に関東地方の消費地市場への出荷、直売はお中元やお歳暮などで全国に商品を販売しています。
No.5307 閲覧数:2126
公開日:2020.06.20
会社譲渡 専門家なし
売り案件 No.5307 閲覧数:2126 公開日:2020.06.20 会社譲渡 専門家なし

【長期ストック型ビジネス】ワインの保管サービス

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

【長期ストック型ビジネス】ワインの保管サービス

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    300万円〜500万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    10年未満

ワインコレクター向けにワイン保管サービスを提供しています。 【ワイン保管サービスの課題】 一般的に個人向けワイン保管サービスはロッカータイプと寄託タイプが存在します。 ①ロッカータイプ:「スペースを貸し出す」サービスで、ワイン100本程度収納できるロッカーを月額10,000円程度で貸し出しています。ロッカータイプの課題は、ワインを自分で持ち込む必要があるのでその間の温度湿度管理ができない、自分が所有しているワインリストの作成と管理が面倒、追加でロッカーを借りたい時に空いているとは限らない、という点です。 ②寄託タイプ:「保管するモノを預かる」サービスで、ワイン1本月額100円程度もしくは1箱(12本入り)を1,200円程度で預かるサービスが存在します。宅急便でワインを倉庫に送れば、入庫・保管・出庫等の作業は倉庫側でやってくれるので便利です。しかし、寄託タイプにも課題が存在します。木箱や化粧箱での保管ができない(コレクターにとっては木箱や化粧箱は重要)、出庫が1ケース単位だったり1本だと割高だったりします。 【当サービス】 上記のような課題に対する解決策として、 ・高級ワインの長期熟成のために徹底した温湿度管理が可能な倉庫 ・熟練スタッフによる倉庫内の入庫や出庫等の作業 ・保有するワインコレクションが管理できるオンライン機能 これらを組み合わせることにより、ワインを持ち運ぶことなく、ワインのリスト管理を間違えることなく、徹底した温度湿度管理の元、お客様の大切な高級ワインの長期熟成保管を可能にしました。 【主な顧客層】 メインターゲット:個人ワインコレクター(富裕層) サブターゲット:ホテル・レストラン 【補足】 ストック型のビジネスを探している、既にホテル・レストランとお取引がある、ワインショップを経営している個人や法人とは相性が良いビジネスだと思います。 想定顧客へのインタビュー、倉庫探しと契約、サービスサイトの構築、オンラインクレジットカード決済の設定、サービス開始、所謂、0→1(ゼロイチ)フェーズは完了しておりますので「時間を買う」という考え方も可能ではないでしょうか。 事業譲渡に関しては契約先や使用ツール類の引き継ぎをしっかりと行います。また、事業譲渡後も必要に応じてアドバイザー等の形で事業支援することも可能です。
No.1079 閲覧数:8757
公開日:2019.03.15
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.1079 閲覧数:8757 公開日:2019.03.15 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

運送業・倉庫賃貸業

運送業・海運

交渉対象
法人専門家

運送業・倉庫賃貸業

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    7,500万円〜1億円

  • 地域

    埼玉県

  • 創業

    50年以上

運送業
No.7252 閲覧数:123
公開日:近日公開
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.7252 閲覧数:123 公開日:近日公開 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

地元名産果物の卸売業

飲食店・食品

交渉対象
個人法人専門家

地元名産果物の卸売業

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    青森県

  • 創業

    50年以上

産地市場から仕入れた地元名産果物を卸売、直売しています。卸売は主に関東地方の消費地市場への出荷、直売はお中元やお歳暮などで全国に商品を販売しています。

倉庫業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 倉庫業の分類

倉庫業は大きく分けて「普通倉庫業(農業、鉱業、製造業、美術品やその他多くのものを取り扱える倉庫業)」「冷蔵倉庫業(10度以下で保存が求められる食料品等を保管するための倉庫を営業する倉庫業)」「水面倉庫業(第五類物品となる原木等水面において保管をするための倉庫を営業する倉庫業)」の三つに分類されますので、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

2. 立地

倉庫の立地は、港湾・道路・鉄道などの輸送施設が急速に整備され、また輸送体系が変化しつつある現在においては、きわめて流動的な要素が強くなります。倉庫の理想的な立地は、港湾・幹線道路・鉄道とよく連動していて、しかも荷受先が近いこと、地価が安いことなどが挙げられます。このような適地は、今後ますます入手しがたい状況になっているため、比較的交通の便がよく地価の安い臨港埋立地や都市近郊に整備される流通団地などが、倉庫立地の対象となってきています。倉庫立地を決める場合は、具体的に立地条件を検討し、法律上の制約もあらかじめよく調査しておくことが必要です。

3. 荷主

EC市場が拡大する中で、小売業界を中心に多頻度・小口配送のニーズが急速に高まるなど、荷主が倉庫や物流機能に求めるニーズは多様化しています。ロジスティクス全体の最適化の重要性が高まる中、3PL事業(物流業者からの目線では、荷主企業の物流業務を包括的に受託し、総合的に物流戦略や物流システムの構築を進めること)の市場も拡大しており、倉庫業者においても、荷主企業の物流システム全般の改善や物流コストの削減策を提案していくことが求められることが多くなっています。主要な荷主(顧客)のニーズや関係性を確認しておきましょう。