バス会社の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

バス会社の特徴 当業界は乗り合いバスと貸切バスに大きく分けられ、ここでは主に貸切バス業界について述べます。当業界は今世紀に入り、規制が緩和されたことから、一気に事業者が増えた一方で市場自体はあまり成長しておらず過当競争の様相を呈しています。よって収益性があまり高くなく、ドライバーの給料も全産業の平均を下回る水準で推移しています。低収益、ドライバーの低収入、ドライバーの高齢化、新車生産台数には限りがあり、納車まで数年待ち、よって廃車寸前の中古バスの利用などが重なり結果的に無茶な運行が常態化するなど、数々の課題があります。一方で、成長していくためには、インバウンド需要を取り込めるかどうかが業界全体の将来を占う上で重要なポイントになっています。

1~2件を表示 (全2件)
No.6101 閲覧数:1111
公開日:2020.11.02
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6101 閲覧数:1111 公開日:2020.11.02 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

関東メインに展開するバス会社(観光バス・貸切バス) 

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

関東メインに展開するバス会社(観光バス・貸切バス) 

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    千葉県

  • 創業

    未登録

【観光バス】 一般貸切旅客自動車運送事業(観光・貸切・送迎バス) 特定旅客自動車運送事業(シャトルバス・企業通勤送迎等) 企業通勤送迎等の定期な運送あり。 【ツーリスト部門】 国内旅行業第2種
No.4735 閲覧数:1541
公開日:2020.02.27
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.4735 閲覧数:1541 公開日:2020.02.27 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

《創業30年以上》米国内最大規模の日系バス事業会社

旅行業・宿泊施設

交渉対象
個人法人専門家

《創業30年以上》米国内最大規模の日系バス事業会社

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    5億円〜10億円

  • 地域

    北アメリカ

  • 創業

    30年以上

1)カリフォルニア州全域におけるチャーターバス事業 (主要取引先:日系旅行会社・日系現地法人が主たる顧客) 2)55人乗り大型観光バスチャーター事業 (ベルギー・Vanholl社製・保有台数15台)平均車齢4年程度 3)14-23人乗りミニバスシャトルサービス事業(日系ホテル⇆空港送迎・ホテルとの定期契約による送迎) (ドイツ・メルセデスベンツ社製・Sprinter保有台数8台) ※保有車両TOTAL評価:約4.6億円

バス会社のM&Aでチェックすべきポイント

1. コンプライアンス面

運行管理をはじめ、ドライバーの長時間労働が常態化していることからも労務管理面での確認が重要です。また車両整備が法令に従ってきちんとなされているか、しっかりとチェックを行ってください。

2. 財務面

低収益、設備先行業界なので、借入依存体質の企業も多く存在します。そのため、償却不足がないかなど財務面でのデューデリジェンスには充分注意を払ってください。