トレーラー輸送の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

トレーラー輸送業の特徴 日本の物流の9割を担うトラック輸送業界の一端をなす当業界は、サプライチェーンの国際化に伴い、国際海上物流の標準型である40フィートコンテナでの物流が増加してきたことから、一貫して成長してきた業界です。しかしながら、荷主も含め課題が多い業界でもあります。まずはECサイトによる購買が一般消費者の間で広まるにつれ、物流倉庫へ納品が増加し、物流倉庫での待ち時間が数時間にも及んでいます。そのことから、ドライバーの長時間労働が常態化しており、その労働環境が問題視されています。また、ドライバーの高齢化も着実に進んでおり、ドライバー不足が深刻な状況となっています。一方で、コンプライアンス遵守の観点から各種規制も強まっており、これらの課題への対応が必要となります。

1~1件を表示 (全1件)
No.3532 閲覧数:2506
公開日:2019.04.12
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.3532 閲覧数:2506 公開日:2019.04.12 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

自動車部品の加工組み立てから重量物運搬まで

製造業(金属・プラスチック)

交渉対象
法人専門家

自動車部品の加工組み立てから重量物運搬まで

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    神奈川県

  • 創業

    30年以上

自動車部品の加工及び組立、自動車部品用の冶具・工具製品及び精密機械、重量物運搬業

トレーラー輸送業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 労務管理

ドライバーの長時間労働の常態化は社会問題にも発展しています。労務管理がきちんとなされているか、過重労働、未払い残業などがないか、しっかりとチェックしてください。

2. 車両の評価

償却が終わっているものの、継続して利用可能な車両の評価が売り手・買い手の間で意見が割れるケースがありますので注意を払いましょう。

3. 土壌汚染の有無

拠点内に軽油のタンクを設置している場合、特に地下タンクを持っているケースでは、土壌汚染が発生していないかを事前に確認するようにしましょう。