酒類小売の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

酒類小売業の特徴 酒類業界は、食文化の継承者と言う捉え方もあれば、酒税を確実に確保するために規制で守られてきた業界と捉えることもできます。しかしながら近年、様々な変化が訪れています。消費者サイドから見ると、成人一人当たりの飲酒量が減少しているうえに人口減少に転じていることから業界として成長は難しくなってきています。焼酎やワインのブームなど、消費者の嗜好の動きも激しく、タイムリーに消費者のニーズをとらえることができるのかが大きなポイントです。そして、ビールのように季節や天候で大きく需要が変わる商品も扱っているのも特徴です。また、過去の事例としてスーパーマーケットでの酒類販売の解禁、大手チェーンの栄枯盛衰など、大きな業界変動が起きやすい業界でもあります。

1~4件を表示 (全4件)
No.6263 閲覧数:2036
公開日:2020.11.30
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6263 閲覧数:2036 公開日:2020.11.30 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

全国から希少性の高い商品を数多く揃える、地域密着の酒販店を展開

飲食店・食品

交渉対象
個人法人専門家

全国から希少性の高い商品を数多く揃える、地域密着の酒販店を展開

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    5,000万円

  • 地域

    東北地方

  • 創業

    10年以上

酒販販売店
No.4835 閲覧数:2956
公開日:2020.03.17
会社譲渡 専門家なし
売り案件 No.4835 閲覧数:2956 公開日:2020.03.17 会社譲渡 専門家なし

(事業多角化を計画する法人様向け)お酒の頒布会運営法人

小売業・EC

交渉対象
法人専門家

(事業多角化を計画する法人様向け)お酒の頒布会運営法人

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    750万円〜1,000万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    10年未満

会員組織を組成し、会員向けに毎月テーマを定めたお酒を配送するサービスです。お酒が好きな人が集まっている会社様、ECや会員ビジネスを絡めた法人様が乗り出すと楽しいと思います。 しばらく会員数は伸び悩んでいましたが、コロナ禍による巣籠消費、競合の出現による副次効果・市場拡大もあって、何もしなくとも勝手に会員数が伸びて行っています。 「創業10年未満」という記載になっていますが、13年前に創業され、3年前に新設法人による事業譲渡を受けたためにそうした記載になっています。
No.1094 閲覧数:3678
公開日:2018.09.30
事業譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.1094 閲覧数:3678 公開日:2018.09.30 事業譲渡 専門家あり/手数料あり

酒類の小売り、コンビニエンスストアの店舗運営

小売業・EC

交渉対象
個人法人専門家

酒類の小売り、コンビニエンスストアの店舗運営

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    東海地方

  • 創業

    30年以上

酒類の小売り、コンビニエンスストアの店舗運営
No.5540 閲覧数:662
公開日:近日公開
会社譲渡 専門家なし
売り案件 No.5540 閲覧数:662 公開日:近日公開 会社譲渡 専門家なし

創業65年/酒類小売業

小売業・EC

交渉対象
個人法人専門家

創業65年/酒類小売業

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    2.5億円〜5億円

  • 地域

    熊本県

  • 創業

    50年以上

HOTELに酒の自動販売機、事業所にタバコの自動販売機を設置し出張販売を 行なっています。

酒類小売業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 在庫評価

当業界の案件を進めるにあたっては、財務のチェック重要になってきます。例えばワインなど比較的長期間保存が効く商品を扱っているので、優良在庫なのか不良在庫なのかという判断が売り手と買い手で分かれてくる可能性がありますので注意が必要です。

2. 粉飾の有無の確認

競争が激しく低収益な企業が多いので財務が痛んでいる可能性があります。そのため、粉飾がないかしっかりとチェックしましょう。また、免許業種ですので、コンプライアンス面の問題を抱えていないかしっかりとチェックしてください。