造船の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

造船業の特徴 造船業界は、かつては日本のお家芸で世界シェアトップを誇っていましたが、安い労働力を背景に中国、韓国のシェアが伸長し、現状では世界第3位となっています。当業界の特徴として一番にあげられるものは、世界経済に直結している点です。近年では、リーマンショック前に大量造船ブームがあり、その後リーマンショックで国際物流が急減したことにより、船舶の大量のダブつきが生じ、一気に不況に陥ったことなどがありました。しかしながら、その後サプライチェーンのグローバル化に伴い、着実に海運量が増加していることから、造船各社では数年分の受注を加工しているとも言われています。

1~2件を表示 (全2件)
No.492 閲覧数:2813
公開日:2018.12.12
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.492 閲覧数:2813 公開日:2018.12.12 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

造船業

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

造船業

  • 売上高

    非公開

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    甲信越・北陸地方

  • 創業

    100年以上

歴史のある漁船製造業。
No.554 閲覧数:3081
公開日:2018.09.30
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.554 閲覧数:3081 公開日:2018.09.30 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

船舶の修理

製造業(機械・電機・電子部品)

交渉対象
個人法人専門家

船舶の修理

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    1,000万円〜2,000万円

  • 地域

    長崎県

  • 創業

    10年以上

60尺サイズの船舶を二隻収容できる長崎市内の工場で、現在は社長一人で船舶修理業務に従事している。 社長の技術力が高く細かいオーダーに対応しているため、個人の口コミで評判が広まり、九州各地から直接受注がある。 細かい修理も含め年間100件以上の依頼がある。

造船業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 船舶の収益見通し

現在受注している船舶の収益見通し(受注価格が現在の資材価格や労務価格の水準に見合って、黒字が確保できるかどうか)1隻ずつチェックする必要があると思われます。

2. 労働力の確保

労働集約産業でもあるので、労働力の確保がきちんとできるのか、熟練した労働者の高齢化が進んでいる中で技術の継承がしっかりと行われているか確認しましょう。また、危険が多い職種なので安全管理がきちんとなされているかをしっかりとチェックをしてください。