分譲マンション管理の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

分譲マンション管理事業の特徴 分譲マンションは、所有者が100世帯あれば100名いるため、管理組合が作られています。分譲マンション管理業者は、管理組合からの委託により、マンションの維持管理、居住者の安全、安心と快適な暮らしの提供などを行っています。具体的には、管理や清掃サービス、建物や設備の点検や修繕対応サービスやマンション管理組合の運営支援サービスなどがあり、業務を一括して受ける「全部委託」と管理人と清掃だけといった「部分委託」の契約形態があります。この業界では、事業者規模の大小による品質の差が小さく、中小零細規模の事業者が活躍できる業界です。今後は、タワーマンションでみられるコンシェルジュなどのサービス品質の向上や管理物件の価値を高めるプロパティマネジメントの導入が必要となるでしょう。

1~1件を表示 (全1件)
No.4264 閲覧数:2095
公開日:2019.11.22
事業譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.4264 閲覧数:2095 公開日:2019.11.22 事業譲渡 専門家あり/手数料なし

~都内を中心に16棟~マンション管理業務の事業譲渡

不動産

交渉対象
法人専門家

~都内を中心に16棟~マンション管理業務の事業譲渡

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    東京都

  • 創業

    30年以上

マンション管理業務や管理員派遣を行います。

分譲マンション管理事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 修繕計画に基づいた資金計画

分譲マンション管理業者の財源は、管理費と修繕積立金の二つがあります。修繕積立金について、資金不足になっているケースがあるため、修繕計画と資金計画に不足が発生する可能性がないかチェックが必要です。

2. マンション管理組合との関係

委託者であるマンション管理組合との関係は重要ですので、疎遠になっていないかなどの営業活動の状況を事前に確認しましょう。

3. 設備点検

エレベーターや消防設備については、定期的な点検をすることが法律で義務化されていますので、しっかりと守られているか事前に確認しましょう。