タクシー会社の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

タクシー業界の特徴 タクシー会社は、一個の契約により乗車定員10人以下の自動車を貸し切って旅客を運送する一般旅客自動車運送業者を指します。政府による規制緩和と強化を繰り返してきた歴史があります。現在は、相乗りタクシーや事前確定運賃等の実証実験を行っています。一方で、タクシー業界は慢性的に乗務員不足となっています。政府は有償で人を乗せることができる第二種免許の受検資格を見直す方針を出しています。業界における人材不足な上、労働集約型産業であることからも、M&Aの目的として人材の獲得は非常に重視されています。

1~11件を表示 (全11件)
限定公開
NEW
No.8216 閲覧数:156
公開日:2021.07.08
事業譲渡 専門家なし
NEW 売り案件 No.8216 閲覧数:156 公開日:2021.07.08 事業譲渡 専門家なし

「観光人力車」事業の譲渡【話題の有名観光地! 実績1万組以上!高利益!営業中!】

娯楽・レジャー

「観光人力車」事業の譲渡【話題の有名観光地! 実績1万組以上!高利益!営業中!】

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

No.7239 閲覧数:521
公開日:2021.04.01
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.7239 閲覧数:521 公開日:2021.04.01 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

タクシー業

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

タクシー業

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    1億円

  • 地域

    東北地方

  • 創業

    10年以上

タクシー
No.7206 閲覧数:495
公開日:2021.03.19
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.7206 閲覧数:495 公開日:2021.03.19 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

設立から65年超、地域住民の足として親しまれてきたタクシー会社

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

設立から65年超、地域住民の足として親しまれてきたタクシー会社

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    1億5,000万円

  • 地域

    宮城県

  • 創業

    未登録

地域に根ざした活動を行う老舗タクシー会社。 ベテラン乗務員が多数在籍しており、地域住民からの信頼も厚い。 顧客に寄り添った事業展開で、一人で買い物に行けないお年寄りや日々の仕事に追われ用足しできないお客様を対象として、様々な要望(買い物、役所受取代行、病院受付、公共料金支払等)に応えています。
No.5708 閲覧数:1968
公開日:2020.09.15
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.5708 閲覧数:1968 公開日:2020.09.15 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

設立後16年のタクシー会社

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

設立後16年のタクシー会社

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    広島県

  • 創業

    未登録

県内タクシー協会に加盟しているタクシー会社 車両保有台数15台で、いつでも動かせる状態です。
限定公開
No.4979 閲覧数:277
公開日:2020.07.06
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.4979 閲覧数:277 公開日:2020.07.06 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

地域の足となる一般乗用旅客自動車運送事業

運送業・海運

地域の足となる一般乗用旅客自動車運送事業

  • 売上高

    3,000万円〜5,000万円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

No.5590 閲覧数:1544
公開日:2020.09.04
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.5590 閲覧数:1544 公開日:2020.09.04 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

優しさと親切がモットーの道路旅客運送業◆タクシー約20車両を保有

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

優しさと親切がモットーの道路旅客運送業◆タクシー約20車両を保有

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    中国地方

  • 創業

    20年以上

道路旅客運送業を行っている会社です。 一般個人様が顧客であり、優しさと親切をモットーに20年以上運営をしていらっしゃいます。
No.5268 閲覧数:1674
公開日:2020.06.15
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.5268 閲覧数:1674 公開日:2020.06.15 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

老舗として高い知名度を誇るタクシー会社

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

老舗として高い知名度を誇るタクシー会社

  • 売上高

    2億円〜5億円

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    東海地方

  • 創業

    10年未満

一般旅客自動車運送事業(タクシー)地元密着型の経営をしてます。そのため地元で知名度がありシェア率も高いです。
No.6495 閲覧数:1418
公開日:2020.12.18
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6495 閲覧数:1418 公開日:2020.12.18 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

【後継者不在】創業約50年のタクシー会社の譲渡

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

【後継者不在】創業約50年のタクシー会社の譲渡

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    未登録

長年続くタクシー会社の株式譲渡案件です。 ・保有車両は約30台  →大型タクシーや福祉車両も保有しております。 ※特定を避けるためにこれ以上の情報はNDA締結後に開示いたします。
限定公開
No.3924 閲覧数:629
公開日:2019.08.29
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.3924 閲覧数:629 公開日:2019.08.29 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

創業60年弱。幅広い顧客を抱えるタクシー事業。

運送業・海運

創業60年弱。幅広い顧客を抱えるタクシー事業。

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

No.5467 閲覧数:833
公開日:2020.07.21
事業譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.5467 閲覧数:833 公開日:2020.07.21 事業譲渡 専門家あり/手数料なし

県内を走るタクシー(17台)営業権及び車両の譲渡

運送業・海運

交渉対象
個人法人専門家

県内を走るタクシー(17台)営業権及び車両の譲渡

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    1,000万円〜2,000万円

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    50年以上

《一般乗用旅客自動車運送事業》 ・地域内で運行するタクシー17台分の営業権及び車両のみの譲渡となります。 ・同一業種の方だけでなく他業種の方でも交渉可能です。
限定公開
No.75 閲覧数:440
公開日:2019.01.21
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.75 閲覧数:440 公開日:2019.01.21 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

業歴の長く安定した収益/タクシー業

運送業・海運

業歴の長く安定した収益/タクシー業

  • 売上高

    非公開

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

タクシー会社のM&Aでチェックすべきポイント

1. 構内権

駅構内という意味で、駅の中は物理的に狭いのでタクシーが多く並べず、構内に入れる会社を指定して構内使用料を取る方式が取られました。これは独禁法から見ても好ましくないということで徐々に廃止の方向にありますが、これに代わる何らかの規制方法がないと駐車公害を起こしてしまう可能性が高くなります。入構料は1台当たり年間数千円程度が多くなりますが、駅によってさまざまのため確認が必要です。

2. IT化への対応

配車効率を高め、顧客の利便性を増すためにはIT化が進んでいます。デジタAVM(車両方位等自動表示)システムの導入が進み、各車両の位置や状態を地図上に表示し、センターで自動的に把握し顧客の求めに応じて配車ができるようになりました。また、スマートフォンによる自動配車アプリの導入や電子マネーやクレジットカードによる料金支払いも普及しつつあり、対応状況を確認しましょう。

3. 労働組合

タクシー業界は労務事情が厳しいので、乗務員を守るための全国的な労働組合が組織され、加盟している割合が他の業界に比べて多いのが特徴です。現在、全国の労働者のうち労働組合員である「組合組織率」は概ね18%ですが、タクシー業界の組合組織率は全国で34%。 東京に限れば49%と高い比率です。労働組合の有無と関係性を確認しましょう。

4. 厚生年金基金

現状の金融環境下の中、運用難に陥っている基金もあり、運営母体の財務状況の確認が必要です。また、最近は解散する厚生年金基金も出てきていますので併せて確認しましょう。