土木設計の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

土木設計業の特徴 土木設計事務所は、主に公共工事のインフラ設計のため設計を行う業務と民間の宅地造成等の業務を行っています。主に公共事業の土木設計が多く、そういった意味では公共事業依存型のビジネスといえます。企業規模は数人で運営している小規模事務所から中堅規模まで、土木事務所や地方公共団体に出入りしているため、各地に存在しています。業績は、公共事業依存型であり、景気変動の波は比較的受けづらいですが、大規模な災害があった時など特需が発生することもあります。M&A的に当業界を見た場合、他の建設業界の例にもれず人手不足が叫ばれており、比較的短期間でお相手が見つかる傾向にあります。

1~2件を表示 (全2件)
NEW
No.8368 閲覧数:135
公開日:2021.07.20
会社譲渡 専門家なし 引継ぎ支援センター案件
NEW 売り案件 No.8368 閲覧数:135 公開日:2021.07.20 会社譲渡 専門家なし 引継ぎ支援センター案件

福岡県/まちづくり、建築・土木設計

建設・土木・工事

交渉対象
法人

福岡県/まちづくり、建築・土木設計

  • 売上高

    2,000万円〜5,000万円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    福岡県

  • 創業

    未登録

まちづくり、建築・土木設計 【事業地域】 北部九州 【特徴/備考】 まちづくりから建築・土木設計までを一貫して行う会社。企画からデザインまでの提案力が強み。
No.6074 閲覧数:1200
公開日:2021.02.04
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.6074 閲覧数:1200 公開日:2021.02.04 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

高い信頼度と長年の実績り【土木設計・測量】

建設・土木・工事

交渉対象
法人専門家

高い信頼度と長年の実績り【土木設計・測量】

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    30年以上

【土木設計、測量業】  土木設計(※道路、河川、擁壁)が売上の100%を占めています。 測量業務のうち、土木設計部分は利益率が高く、専門性が高い。 入札業務以外にも別会社からの土木設計部分の請負をしている。 顧客について 公共事業がメインとなります。 公共事業9:民間企業1 公共工事では、測量・設計での受注しかないので、 基本的には測量を外注し、利益率の高い設計業務のみを行っております。

土木設計業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 有資格者の確保

当業界は有資格者の存在で成り立っています。高齢の社長に資格が集中していたり、高齢の社員に資格が集中していて、病気などで退職した際に業務が回るかといった点に充分注意を払う必要があります。

2. ハイテク機器の導入状況

近年、当業界も電子化の波が押し寄せており、人手不足をカバーするためにハイテク機器など高額な機器を整備する必要に迫られています。小規模事務所では手が出ない機器等も多く、新たな設備投資が必要になる可能性もあります。