M&A
33
2021/02/06

第三者承継の選択肢:幸せな引退、確実な起業、迅速な新事業展開に向けて!

記載者情報
第三者承継をご存じですか?
 最近では事業承継をテーマにしたセミナーが各所で頻繁に行われています。皆さんは第三者承継という言葉をお聞きになったことがありますか。経営者の高齢化、後継者不足に加え、コロナ禍の業績不振を背景に、国が進める中小企業支援策の一つとして注目を集めています。  事業承継には3つの選択肢があると言われています。ⅰ)親族承継:経営者の親族から後継者を選ぶもの、ⅱ)従業員承継:自社の役員や従業員から後継候補を選定して引き継ぐもの、そしてⅲ)「第三者承継」:社外の第三者(法人・個人)による事業承継のためにM&Aの手法を用いるものです。後継者への承継ができなければ経営者は究極の選択として廃業・清算を余儀なくされます。  「親族・従業員承継」については多くの事業承継セミナーや関連書籍に譲ることとして、今回は一般にはあまり知られていない「第三者承継」について中小企業診断士の視点から解説します。  づづきは➡から  ➡ https://www.kawasaki-shindanshi.jp/2021/02/angle-143/
関連コラム