通信工事の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件

通信工事業の特徴 当業界は、屋内通信工事と携帯基地局等電波工事に大きく分けられます。屋内通信工事は、企業のOA化が始まった直後には、特需に沸いたものの、無線LANの普及により需要が一段落しています。一方で携帯基地局工事もモバイル通信の需要の高まりに応じて基地局建設ラッシュが続きましたが、近年では基地局自体の設置は一段落(適地がない)している様子です。しかしながら、当業界の技術の進展は他の業界よりも速く、通信容量の増大、高速規格への切り替え、周波数帯の変更等大規模な工事にはならないものの、常に工事需要が発生している業界とも言えます。

1~4件を表示 (全4件)
No.3264 閲覧数:3718
公開日:2019.01.25
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.3264 閲覧数:3718 公開日:2019.01.25 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

高い技術力を誇る土木工事・通信土木工事会社の株式譲渡

建設・土木・工事

交渉対象
個人法人専門家

高い技術力を誇る土木工事・通信土木工事会社の株式譲渡

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    九州・沖縄地方

  • 創業

    50年以上

土木工事、通信土木工事、非破壊探査 地場の公共土木工事、九州一円の通信土木工事をメインに行っております。その他非破壊探査も行っております。顧客から発注を受けて施工・保守・設計、探査を行います。舗装や特殊工事等公共土木のみ、一部外注先に依頼しております。
No.3014 閲覧数:6907
公開日:2018.10.11
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.3014 閲覧数:6907 公開日:2018.10.11 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

都内マンション等の設備工事 長年の業歴。顧客との直接受注と内製化で高利益体質に

建設・土木・工事

交渉対象
法人専門家

都内マンション等の設備工事 長年の業歴。顧客との直接受注と内製化で高利益体質に

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    2,000万円〜3,000万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    30年以上

都内マンションへの設備工事 都内を中心としたマンションやビルの電気設備および通信設備のメンテナンスを一手に引き受けています。業歴が長く、古くからの顧客や取引先を数多く抱えていることが強みです。工事は顧客からの直接受注がメインで、かつ内製化を進めているため、売上総利益率は60%を超え、経常利益率は14.4%と収益力が高いです。
No.4474 閲覧数:1353
公開日:2020.01.17
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.4474 閲覧数:1353 公開日:2020.01.17 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

電気通信事業/取引先約200社!設計・施工・管理を自社で一貫して行っています

建設・土木・工事

交渉対象
個人法人専門家

電気通信事業/取引先約200社!設計・施工・管理を自社で一貫して行っています

  • 売上高

    3,000万円〜5,000万円

  • 譲渡希望額

    3,000万円〜5,000万円

  • 地域

    長崎県

  • 創業

    40年以上

主に電話まわり(IP交換機、ビジネスホン・FAX)や、ネットワーク関連(LAN構築)、病院関係(ナースコール設備)等。
No.89 閲覧数:1185
公開日:2018.09.30
専門家あり/手数料なし
売り案件 No.89 閲覧数:1185 公開日:2018.09.30 専門家あり/手数料なし

電線整備業を営む会社です。

建設・土木・工事

交渉対象
個人法人専門家

電線整備業を営む会社です。

  • 売上高

    非公開

  • 譲渡希望額

    3,000万円〜5,000万円

  • 地域

    大阪府

  • 創業

    40年以上

大手鉄道会社の下請けとして、電線整備業を営む。特定の路線を独占的に整備。

通信工事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 人的資源

他の工事業者と同様、屋外作業中心であり新たに就業しようとする若手が少ないことから人材の確保は苦労しています。人材がきちんと確保できているか、注意が必要です。

2. 有資格者の確保

有資格者がどのぐらい揃っているのか、また高齢の社員に資格者が集中していないかなどの事前チェックが必要です。

3. 大手との関係性

中小零細事業者は、大手の一社下請けになっているケースが見られます。そのため、こういった関係が継続出来るかがポイントとなるため、注意が必要です。