貿易関連の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

貿易関連事業の特徴 貿易は、国内外の商品・製品を輸出入することであり、貿易を事業としている代表的な事業者が商社であると言えます。商社は、幅広く商品を扱う総合商社と特定の商品を扱う専門商社の二つに分けられます。小規模の商社は、アパレルや食品などの専門商社がほとんどであるため、インターネットを活用して個人輸入を行い、ECサイトで販売をする事業者が脅威となってきています。今後は、TPPをはじめとする自由貿易など、世界経済の環境変化が中小事業者に影響を及ぼさないか懸念されています。貿易(輸出入)事務は、貿易をするために必要な手続です。貿易事務には、外貨での決済方法や通関手配などの手続だけでなく、相手国の商慣習や法律知識が必要です。

1~1件を表示 (全1件)
No.5484 閲覧数:2074
公開日:2020.07.27
事業譲渡 専門家なし
売り案件 No.5484 閲覧数:2074 公開日:2020.07.27 事業譲渡 専門家なし

マッサージ店の譲渡

サービス業(法人向け)

交渉対象
個人法人専門家

マッサージ店の譲渡

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    100万円〜300万円

  • 地域

    大阪府

  • 創業

    10年未満

 譲渡品   国際業務 (1)ハンドマッサージ店 (2)オフィス家具・家電、70万円相当

貿易関連事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 為替リスクの確認

外貨で決済することが多いため、為替リスクやカントリーリスクが発生します。為替変動リスクを避けるために、為替予約などをしている事業者が多いです。通貨オプションをしている事業者については、大きな評価損を抱えていないか確認しましょう。

2. 決済方法・売掛金の回収遅れの確認

貿易は海外の事業者と取引を行うため、どのような決済方法を行っているのかや、売掛金の回収遅れや不能になっていないかの確認は必須です。

3. 不良在庫の有無

大量仕入をすれば仕入単価が下がるため、商品によっては販売不振による不良在庫が発生している可能性があります。そのため、販売計画、在庫管理方法や不良在庫の有無を確認しましょう。