附帯設備の検査・点検の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件

附帯設備の検査・点検事業の特徴 当業界は、高度成長期以降、大規模なビルが増えるに従って、営繕工事や機器の設備点検などを外注で請け負う業者が発生し成立してきた比較的若い業種です。その守備範囲は幅広く、建物の設備点検、各種施設の営繕工事など建物を良好な状態で長く使用できるためのメンテナンス業務で、関連する業界も管工事業、空調工事業、電気通信工事業など幅広い分野にまたがっています。このことから当業界がM&Aの売り案件として出てきた場合、上述のようなビルメンテナンス関連業界からの買い希望が集まりやすく、比較的短期間で成約するケースが多いです。

1~1件を表示 (全1件)
No.3264 閲覧数:3717
公開日:2019.01.25
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.3264 閲覧数:3717 公開日:2019.01.25 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

高い技術力を誇る土木工事・通信土木工事会社の株式譲渡

建設・土木・工事

交渉対象
個人法人専門家

高い技術力を誇る土木工事・通信土木工事会社の株式譲渡

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    九州・沖縄地方

  • 創業

    50年以上

土木工事、通信土木工事、非破壊探査 地場の公共土木工事、九州一円の通信土木工事をメインに行っております。その他非破壊探査も行っております。顧客から発注を受けて施工・保守・設計、探査を行います。舗装や特殊工事等公共土木のみ、一部外注先に依頼しております。

附帯設備の検査・点検事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 人材確保

メンテナンス業務は、人海戦術で地味な作業が多く、高齢の現場作業員によって支えられている業種でもあります。今後少子高齢化に従って、現場の作業員の獲得が難しくなってくることが予想されるので、資格者の確保も含め人材確保には十分な注意が必要です。

2. 入札状況

以前は随意契約で契約できていたものが、近年ではビルオーナーの収益意識の高まりから入札制に移行するケースが多くなってきました。現場の顧客との関係、民間公共比率のチェックなど営業面での確認が重要になります。