TOPM&A記事・コラムM&Aの進め方Step2:買い手からの実名開示依頼の承諾、実名交渉の進め方

Step2:買い手からの実名開示依頼の承諾、実名交渉の進め方

2020.04.23

実名開示依頼、実名交渉とは?

売り手と買い手、双方で実名情報を開示したうえで、本格的なM&Aの交渉を進めたい場合は、買い手からの実名開示依頼を承諾してください。実名開示依頼にあたり、買い手とは秘密保持誓約を結ぶため、安心して交渉を進めていただけます。

実名開示依頼の時は、「実名開示依頼中」という交渉ステータスになり、売り手の皆様が実名開示依頼を承諾すると、「実名交渉中」という交渉ステータスになります。

アドバイザーに委託している売り手の皆様は、全てをアドバイザーが応対します。M&A経験豊富な支援専門家は、成約可能性が高い買い手を選別する視点を豊富に持っています。アドバイザーは、どんな買い手から実名開示依頼がきて、承諾するか/お断りするかについて、売り手の皆様と相談しながら進めていきます。

 

実名交渉中の時、どこまでの情報が相手に開示されるのか?

実名開示を承諾すると、「登録者の氏名」 「登録者の役職」 「会社名・屋号名」 「代表者・事業主の氏名」 「本店・事業所の所在地」といった実名情報が開示されます。「連絡先(メールアドレス、電話番号)」 「生年月日」 「本人確認資料」といった個人情報は開示されません。

 

実名開示依頼、実名交渉のステップ

ステップ1:実名開示依頼の受信通知

買い手から実名開示依頼がくると、登録いただいたメールアドレスに通知がきます。また、ログイン後のダッシュボード画面にある「メッセージBOX」メニューに未読数がつきます。

実名開示依頼のメール通知

ダッシュボード画面

 

ステップ2:実名開示依頼をした買い手の情報確認

実名開示依頼をした買い手がどんな方か、確認することができます。メッセージBOXでメッセージを選択すると、買い手情報が見れます。また、「交渉相手の情報を見る」というボタンを押すと、実名情報を含む買い手の詳細情報を確認できます。

メッセージBOX画面

買い手の詳細情報

 

ステップ3:実名開示依頼の承諾/お断り

次に、買い手からの実名開示依頼を承諾するか、お断りするかを判断してください。メッセージBOXにあるチャット画面を使います。

メッセージBOX画面

承諾する場合、買い手より差し入れられた秘密保持に関する誓約事項を確認してください。その後、実名や資料の開示を行う旨の同意チェックをしていただき、「実名開示を承諾する」というボタンを押してください。

実名開示依頼を承諾すると、「実名交渉中」という交渉ステータスになります。

実名開示依頼の承諾画面

 

ステップ4:実名交渉(買い手への情報開示、質問のやりとり)

実名交渉中に入ると、買い手からの質問応対、資料提供など、積極的に情報開示をおこなっていただきます。

複数の買い手と交渉を進めるとなると、都度資料を送付する負荷が高くなります。そこで、「売り案件の管理」メニューにある“アクション”を押し、プルダウンメニューの中にある「提供資料」を選択すると、決算書など、必ずやりとりする資料を予めアップロードしておけます。ここにアップロードされた資料は、実名開示の依頼を承諾した買い手にのみ判断材料として公開されます。

売り案件の管理メニュー

提供資料一覧画面

買い手との質問応対は、引き続きメッセージBOXにあるチャットでやりとりして下さい。ファイル資料も添付できるため、適宜、必要な情報を開示する際に使ってください。

メッセージBOX画面

 

ステップ5:複数の実名交渉の管理方法

複数の買い手と同時に交渉を進める場合、「交渉の管理」メニューにある「M&A交渉一覧」で、それぞれの買い手との交渉ステータスを確認することができます。

M&A交渉一覧画面

また、メッセージBOXでも、複数交渉の一覧を確認することができます。個別の交渉を選択すると、当該交渉相手とのメッセージ画面に遷移します。

メッセージBOX画面

 

ココがポイント!

ポイント①:返信はスピーディーに

M&A・事業承継の成約には、タイミングとスピードが非常に重要となります。特にネット上でのやりとりは、このスピード感がより早いものとなります。買い手からの実名開示依頼に対して、承諾/お断りのスピーディーな応対をお願いします(2営業日以内が最低限の目安となります)。お断りする場合も、ビジネスマナーを持った応対をお願いしています。有望な買い手候補の温度感が冷めないような応対が、成約する秘訣となります。

 

ポイント②:複数の買い手との同時交渉は、支援専門家のサポートを

バトンズ上では、同時に10件以上の買い手候補から質問や実名開示依頼がくることが多くあります。どの買い手候補と交渉を続けることが成約に繋がるのか、選別しながらも、スピーディーな応対が求められます。成約する可能性が高い買い手候補を選別する視点を多く持つ、支援専門家(アドバイザー)のサポートを受けることを推奨します。

 

 

M&Aの進め方

その他のオススメ記事

300万円以下の売りの会社・事業情報一覧へ