TOPM&A記事・コラムM&Aの進め方Step2:買い手からの質問への応対

Step2:買い手からの質問への応対

2020.04.23

質問とは?

売り手の案件に興味のある買い手から、バトンズ上で質問が届きます。質問をした買い手の実名情報は見えませんが、会社概要など、どんな買い手であるかを把握することができます。

質問のやりとり中は、「匿名交渉中」という交渉ステータスになります。秘密保持契約前となるため、売り手の皆様の特定につながるような質問には応えなくて結構です。

アドバイザーに委託している売り手の方は、全てアドバイザーが応対してくれます。M&A経験豊富なアドバイザーは、成約可能性が高い買い手を選別する視点を豊富に持っていますので、アドバイザーに協力しながら、質問に対応してください。

 

質問の時、どこまでの情報が相手に開示されるのか?

売り手の情報は、既に公開している案件情報以外は開示されません。

質問の応対方法

ステップ1:質問の受信通知

買い手から質問がくると、登録いただいたメールアドレスに通知がきます。また、ログイン後のダッシュボード画面にある「メッセージBOX」メニューに未読数がつきます。

 

メール通知

ダッシュボード画面

 

ステップ2:質問相手の情報確認

質問をした買い手がどんな方か、確認することができます。メッセージBOXでお相手のメッセージを選択すると、買い手情報を確認できます。また、「交渉相手の情報を見る」というボタンを押すと、実名以外の買い手の詳細情報を確認できます。

メッセージBOX画面

買い手の詳細情報

 

ステップ3:質問内容への返答、やりとり

メッセージBOXのチャット機能で、買い手からの質問内容の確認、質問への返信を行ってください。買い手との継続的なやりとりは、このチャット上で行っていただけます。ファイルを添付することも可能です。

メッセージBOX画面

 

また、この画面に「挿入する」というボタンがあります。バトンズでは、複数の買い手と同時交渉をする際に使えるテンプレート機能があります。例えば、よくある質問への定型文を事前に作成しておくと、ワンクリックで挿入できます。

テンプレートの作成は、「交渉の管理」メニューの下にある「テンプレートの管理」からテンプレートの新規作成、編集をすることができます。

テンプレート管理画面

 

ココがポイント!

ポイント①:返信はスピーディーに

M&A・事業承継の成約には、タイミングとスピードが非常に重要となります。特にネット上でのやりとりは、このスピード感がより早いものとなります。交渉相手を待たせることのないよう、スピーディーな返信、応対をお願いします(1営業日以内が最低限の目安となります)。有望な買い手候補の温度感が冷めないような応対が、成約率を高める秘訣となります。

 

ポイント②:複数の買い手との同時交渉には、支援専門家のサポートを

バトンズ上では、同時に10件以上の買い手候補から質問や実名開示依頼がくることが多くあります。どの買い手候補と交渉を続けることが成約に繋がるのか、選別しながらも、スピーディーな応対が求められます。成約する可能性が高い買い手候補を選別する視点を多く持つ、支援専門家(アドバイザー)のサポートを受けることを推奨します。

 

 

M&Aの進め方

その他のオススメ記事

300万円以下の売りの会社・事業情報一覧へ