ガイド

2020.04.23

Step2:売り手への質問の仕方

質問とは?

バトンズの売り案件個別情報は、売り手の特定を回避するために、匿名の案件概要となっています。

買い手は、追加で知りたい情報や条件などがある場合、匿名のまま質問することができます。この場合、交渉ステータスは売り手・買い手ともに「匿名交渉中」になります。

しかし、実名開示依頼(秘密保持契約)前となるため、買い手は売り手の特定につながるような質問はできません。

 

質問する時、買い手のどんな情報が相手に開示されるのか?

 

  • 個人の方

「勤務先情報」 「年収・保有資産」 「自己PR・保有資格」 「希望条件(買いニーズ)」が開示されます。「氏名」など、実名情報は開示されません。

  • 個人事業主の方

「登録者の役職」 「事業情報(業種・事業内容など)」 「従業員数」 「財務情報(売上高など)」 「希望条件(買いニーズ)」が開示されます。「登録者の氏名」 「屋号名」 「事業所住所」など、実名情報は開示されません。

  • 法人の方

「登録者の役職」 「会社情報(業種・事業内容など)」 「従業員数」 「財務情報(売上高など)」 「希望条件(買いニーズ)」が開示されます。「登録者の氏名」 「会社名」 「代表者氏名」 「本店所在地」など、実名情報は開示されません。

 

 

質問を開始する

ステップ1:質問したい案件の特定

質問したい案件の「売り案件個別情報」画面に進みます。案件概要の下に「マッチングを申込む」というカセットがあるので、「売り手に質問する」を選択してください。

マッチング申込みカセット

 

ステップ2:質問内容の入力

質問内容入力画面にて、自己紹介文、質問内容を入力し、「送信する」ボタンを押してください。

質問入力画面

質問入力画面の上部にある「挿入する」ボタンは、複数の案件と交渉をする際に、事前に作成しておいた自己紹介の定型文をワンクリックで挿入できるテンプレート機能です。

テンプレート(定型文)を作成したい場合は、「交渉の管理」メニューの下にある「テンプレートの管理」からテンプレートの新規作成、編集を行えます。

テンプレート管理画面

 

ステップ3:質問内容のやりとり

売り手から返答がくると、登録いただいたメールに通知があります。また、ダッシュボード画面の「メッセージBOX」に未読メッセージ数がつきます。

売り手にアドバイザーがいる場合は、アドバイザーの方から返信がきます。

返答通知メール

ダッシュボード画面

返信メッセージの確認や追加の質問のやりとりは「メッセージBOX」のチャット形式で続けることができます。

メッセージBOX画面

 

ココがポイント!

熱意とビジネスマナーを持った応対を

バトンズでは、売り手が10件以上同時に交渉しているケースも多くみられます。そうした場合は、どなたに会社・事業を引き継いでもらうべきか選別しながら交渉を進めています。会社・事業を譲り受ける熱意と、ビジネスマナーを持ったやりとりをお願いします。