冶具製造の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件

冶具製造業の特徴 治具という言葉は、英語の「jig」の当て字です。加工対象の素材を固定し、ガイドに沿って道具を操作するものという意味になります。具体的には作業の位置決め、固定、加工のための添え具となります。目的に合った治具を使用することによって、生産性を上げ省力化やコストダウン、人的ミスの軽減、品質改善、自動化が実現でき、製造現場には必要不可欠な存在です。治具は自社で工夫して開発しているケースもありますが、専業の業者も存在しています。特定の大工場の専属でジグを作っている企業など特徴的な中小企業が散見される業界でもあります。製品ライフサイクルの高速化に伴い、迅速な治具の開発・提供が求められており、生産現場を知り尽くしたプロフェッショナルな業態ともいえます。

1~2件を表示 (全2件)
No.5296 閲覧数:1307
公開日:2020.06.18
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.5296 閲覧数:1307 公開日:2020.06.18 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

治具の設計製作

金属・プラスチック

交渉対象
法人専門家

治具の設計製作

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    中国地方

  • 創業

    未登録

主に自動車業界各種治具の製造。設計から機械加工、組付、検査まで社内で一貫して対応する。大手サプライヤーがメイン取引先であり、技術力を背景に特定の分野では高い実績を持つ。また、治具の構想そのものを提案できることも強み。
No.3532 閲覧数:2336
公開日:2019.04.12
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.3532 閲覧数:2336 公開日:2019.04.12 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

自動車部品の加工組み立てから重量物運搬まで

金属・プラスチック

交渉対象
法人専門家

自動車部品の加工組み立てから重量物運搬まで

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    神奈川県

  • 創業

    30年以上

自動車部品の加工及び組立、自動車部品用の冶具・工具製品及び精密機械、重量物運搬業

冶具製造業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 取引先の継続

取引先が一点に集中しているケースも散見されます。その場合には、その取引先の工場がいつまで続くのかといった周辺情報に注意を払ってください。

2. 技術者の引継ぎ

取引先の懇意にしている技術者、自社のベテラン社員が細かく打ち合わせをしてジグを納品していくので、人的なつながりが非常に重要です。顧客、自社の社員が高齢の場合、定年退職した場合どのような影響があるかしっかり見極めておく必要があると思います。