プロスポーツ事業の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

プロスポーツ事業の特徴 日本におけるプロスポーツ事業は、野球、サッカー、バスケットボールの3つが主要競技となっています。市場規模は野球で1500億から2000億、サッカーで1000億強、新興のバスケットボールでは200億円ほどとなっています。これらの数値はスポーツ大国であるアメリカに比べて圧倒的に少ない数字となっており、政府もスポーツ産業を成長産業の一環に取り込もうと力を入れている業種でもあります。また今後、e-スポーツなど新興の競技がプロ化していく動きもあり、今後の成長余地も大いにある業界です。

1~2件を表示 (全2件)
No.5551 閲覧数:1812
公開日:2020.08.19
事業譲渡 専門家なし
売り案件 No.5551 閲覧数:1812 公開日:2020.08.19 事業譲渡 専門家なし

動画とデータでダンサーをプロデュースする芸能事務所

娯楽・レジャー

交渉対象
個人法人専門家

動画とデータでダンサーをプロデュースする芸能事務所

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    東京都

  • 創業

    10年未満

動画とデータでダンサーをプロデュース・マネジメントをしています。 ダンサーのマネジメントを行いながら、振付制作やダンスレッスンを実施しております。 また、TikTokやYouTubeでダンサーを有名にしつつ、その知見を活かして企業さんのアーティストのSNSの企画・分析・運用を行います。
限定公開
No.6465 閲覧数:95
公開日:近日公開
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.6465 閲覧数:95 公開日:近日公開 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

eスポーツ事業

娯楽・レジャー

eスポーツ事業

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

プロスポーツ事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 売却背景のチェック

収益性、将来性、スター選手の有無などチェックすべき項目は広範にわたると思います。また売り案件として出てくる場合は、スポンサー企業の業績悪化も考えられ、収益性も厳しいものと考えられますので、背景情報のチェックなどには十分気をつかってください。