TOPM&A記事・コラムM&Aの進め方買い手Step1:バトンズへの会員登録、買いニーズ登録、本人確認の方法

買い手Step1:バトンズへの会員登録、買いニーズ登録、本人確認の方法

2020.04.23

なぜ会員登録、本人確認をするのか?

M&A・事業承継を進めるには、決算書など機密性の高い情報のやりとりがあるため、秘密保持は非常に重要となります。本人確認なしでマッチングできるM&Aサービスもありますが、トラブルリスクが高くなります。売り手と買い手、双方の身元を明らかにし、ビジネスマナーと誠意をもった姿勢で、情報開示と秘密保持を行っていただくことが、M&A取引を成功させる秘訣となります。

バトンズでは、皆様に安心してM&A・事業承継を進めて頂けるよう、会員登録と、本人確認・審査を徹底している旨、ご理解いただければと思います。

会員登録時の必須情報

  • 個人の方

「氏名」 「連絡先」 「住所」 「生年月日」 「勤務先情報」 「年収・保有資産」 「自己PR・保有資格」

 

  • 個人事業主の方

「氏名」 「連絡先」 「住所」 「生年月日」 「事業者情報(屋号名など)」 「財務情報(売上高など)」

 

  • 法人の方

「登録者の氏名」 「登録者の連絡先」 「登録者の生年月日」 「登録者の役職」 「会社情報(会社名、従業員数など)」 「財務情報(売上高など)」

買いニーズ登録する情報について

買収を希望する「業種」「地域」「スキーム(会社譲渡、事業譲渡)」「財務関連の希望条件(投資予算上限など)」「買収の目的」「希望する時期」などを登録いただけます。業種と地域は複数選択できます。

買いニーズを登録いただくと、バトンズにログインした後のダッシュボード画面に、ニーズに合致した「あなたへのおすすめ案件」が掲出されます。

あわせて、ニーズに合致した売り案件が公開されると、「おすすめ案件通知メール」を受け取ることができます。

ダッシュボード画面

本人確認に必要となる身分証

個人、個人事業主の方

  • 「運転免許証」 「パスポート」 「住民基本台帳カード」 「マイナンバーカード」のいずれか1つ

法人の方

  • 「名刺2枚」

M&A交渉時、どこまでの情報が相手に開示されるのか?

売り手、または売り手側アドバイザーとのM&A交渉において、「連絡先」「生年月日」「本人確認資料」といった個人情報は開示されません。「登録者の氏名」は、売り手へ実名開示依頼をすると開示されます。

詳しくは、こちら(交渉相手に開示される情報)をご覧ください。

 

会員登録、買いニーズ登録、本人確認のステップ

ステップ1:メール認証、会員登録

バトンズのサイトにある「無料会員登録」ボタンを押した後、メールアドレス、パスワードを入力してください。

会員登録画面

必須項目を全て入力した後、「同意して、会員登録(無料)する」ボタンを押すと、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。メール内にあるURLを押すと、本登録が完了します。

 

会員登録への認証メール

ステップ2:会員情報、買いニーズ情報の登録

会員登録完了画面で「会社・事業を【買いたい】方」を選択し、会員情報や買いニーズ情報を登録します。。

紹介者がいる場合は、「〇はい」を選択し、会社名の一部の入力し、リストから選択してください。

次に、追加情報登録画面で、基本情報、その他情報、買いニーズの入力を進めてください。

追加情報登録画面

 

登録した情報は、ダッシュボード画面の右上メニューにある「アカウント情報の管理」からいつでも編集できます。

ステップ3:本人確認

追加情報登録が完了した後、本人確認へと進みます(後で実施するも選択できます)。

本人確認画面で指定する身分証をアップロードください。速やかに本人確認を完了させ、登録いただいたメールアドレスに通知いたします。

本人確認の登録画面(個人・個人事業主の方)

ココがポイント!

ポイント①:自己PR、事業内容は丁寧かつ詳細に

売り案件に質問や実名開示依頼をする際、買い手の皆様の匿名の会員情報や買いニーズ情報を売り手が閲覧します。売り手がマッチングを承諾するか/しないかは、財務情報(個人の方の保有資産、法人の方の売上・利益など)も判断基準になりますが、フリーテキストの情報(個人の方の自己PR、法人の方の事業内容)も重要な決め手になります。自己PRや事業内容は丁寧かつ詳細に書いてください。

 

ポイント②:買いニーズは定期的にメンテナンスを

会員登録時点では、希望業種・エリアを広く設定される方、反対に絞って設定される方がいます。売り案件を探索、交渉する中で、ニーズに変化があれば定期的に買いニーズを編集してください。バトンズには3,000件以上の売り案件が掲載されており、今後も増え続けていきます。買いニーズを編集いただくと、これまでと違う売り案件が通知され、新たなマッチング機会が増えます。

 

 

M&Aの進め方

その他のオススメ記事

300万円以下の売りの会社・事業情報一覧へ