福祉用具レンタル、販売、住宅改修の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

福祉用具レンタル、販売、住宅改修事業の特徴 当業界は介護保険のスタート時に生まれた業界で、介護用品を取得、そしてそれを利用者にレンタルするという業務内容です。他のレンタル業者同様、レンタル用品を先行して取得し、それらを長期にわたってレンタル料で回収していくというビジネスモデルで、資金が先行して出ていく構造のため、借り入れ依存が高めの業種といえます。他の介護事業同様、当業界も人手不足に直面しており、安定した人材確保のルートの確保が非常に重要です。当業界のM&A案件が出た場合、財務内容次第ではありますが比較的人気のある業種です。よって早期成約に至るケースが多いように見受けられます。

1~1件を表示 (全1件)
No.1142 閲覧数:2694
公開日:2019.01.23
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.1142 閲覧数:2694 公開日:2019.01.23 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

最寄り駅から徒歩5分圏内の好立地/建材の卸売業

建設・土木・工事

交渉対象
個人法人専門家

最寄り駅から徒歩5分圏内の好立地/建材の卸売業

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    静岡県

  • 創業

    30年以上

建材の卸売業 大手建設会社と直取引している建材の卸売業の会社です。 内装工事業の免許保有しております。

福祉用具レンタル、販売、住宅改修事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 福祉用具の評価

当業界の案件を進める場合、用品の評価が売り手と買い手で意見が割れます。特にレンタル事業では、売り手としてはまだまだ使えるのだから価値を見てほしいと言う思いが強く、一方で買い手は償却が終わっているので価値はゼロであるという主張が真っ向から対立します。事前に双方、その点を理解し、歩み寄る姿勢が大切だと思われます。

2. 助成金・補助金の受給状況

助成金・補助金の対象となる業務でもあり、不正受給等が発覚するケースもあります。そのため、企業調査ではこの辺りもしっかりとチェックするようにしましょう。