観光バスの事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

観光バス事業の特徴 観光バスは、一般貸切旅客自動車運送業(貸切バス)のうち、会社、団体や旅行代理店などからの企画・依頼で観光客を輸送することをいい、地方運輸局長の許可が必要です。路線バスの廃止地域では、行政からの依頼等により、観光バス会社が運航しているケースがあります。2000年から2015年の間で、貸切バスの事業者数は約1.6倍、車両数で約1.4倍と増加しているものの、輸送人員は約1.2倍、稼働率は約0.8倍となっており、競争が激しくなっています。そのため、古い車両を使い続けたり、人件費の削減を目的とした長時間労働など、運転手の職場環境は悪化している場合もあります。2016年4月より、観光バス事業は更新制となり、国が4年ごとに事業者をチェックし、免許継続の可否を審査することになりました。

1~3件を表示 (全3件)
No.6791 閲覧数:1220
公開日:2021.03.08
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6791 閲覧数:1220 公開日:2021.03.08 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

成田にも近い観光バス会社

旅行業・宿泊施設

交渉対象
個人法人専門家

成田にも近い観光バス会社

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    500万円

  • 地域

    千葉県

  • 創業

    20年以上

公益社団法人日本バス協会の貸切バス事業者安全性評価認定制度の認定事業者です。 安全で安心な運行を心掛け、定期点検・整備に万全を期しております。 バスは、10名~45名乗り程度まで、合計9台保有しています。 営業エリアは千葉県を中心に首都圏となっています。 観光バス(周辺に有名観光地が数か所あり)だけでなく、冠婚葬祭の時や近隣にある大学の大学生の送迎など、お客様の様々なご要望にお応えしています。
No.7462 閲覧数:1130
公開日:2021.04.16
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.7462 閲覧数:1130 公開日:2021.04.16 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

土産物・飲食店1ヶ所運営

小売業・EC

交渉対象
個人法人専門家

土産物・飲食店1ヶ所運営

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    0万円

  • 地域

    九州・沖縄地方

  • 創業

    10年以上

土産物・飲食店1ヶ所運営 と観光バス事業
No.4735 閲覧数:1593
公開日:2020.02.27
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.4735 閲覧数:1593 公開日:2020.02.27 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

《創業30年以上》米国内最大規模の日系バス事業会社

旅行業・宿泊施設

交渉対象
個人法人専門家

《創業30年以上》米国内最大規模の日系バス事業会社

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    5億円〜10億円

  • 地域

    北アメリカ

  • 創業

    30年以上

1)カリフォルニア州全域におけるチャーターバス事業 (主要取引先:日系旅行会社・日系現地法人が主たる顧客) 2)55人乗り大型観光バスチャーター事業 (ベルギー・Vanholl社製・保有台数15台)平均車齢4年程度 3)14-23人乗りミニバスシャトルサービス事業(日系ホテル⇆空港送迎・ホテルとの定期契約による送迎) (ドイツ・メルセデスベンツ社製・Sprinter保有台数8台) ※保有車両TOTAL評価:約4.6億円

観光バス事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 勤務時間の遵守

観光バスの勤務時間は、国土交通省の勤務時間基準告知に定められており、運転時間は2日平均で9時間以内や連続運転時間は4時間以内などとなっているため、それが守られているか運行管理表や業務日誌を確認しましょう。

2. 安定性評価認定制度の有無

任意の制度ですが、貸切バス事業者安定性評価認定制度の有無を確認しましょう。安全性に対する取組状況、事故および行政処分の状況、運転安全マネジメントの取組状況を2年に1回の機関で認定しているものとなります。

3. 車両ごとの損益計算書

譲渡対象事業者が各車両の損益計算書を作成していれば確認しましょう。そうすることで、稼働率、修理、タイヤ交換時期の状況を把握することができます。