理化学機器の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

理化学機器業界の特徴 当業界の産品は理工学・生物学の分野で理化学的な教育研究に用いる機器装置類ということになりますが、製品群は多種多様で日本の研究開発、製造現場を支える重要な業界です。プレイヤーは一部上場企業から、中小企業まで規模の大小は問わず多数存在しており、ある特定の一社に依存している会社もあれば、世界シェアNo.1の企業なども存在し、多様性に富んでいます。当業界は景気変動の波を比較的受けやすく、設備投資、研究開発費の増減に影響を受けます。また官公庁、大学などに納品している企業の場合、年度末に売り上げが集中するなどの傾向も見受けられます。当業界のM&A売り案件が出てきた場合、同業者を中心に取得する動きがあり、着実に相手が見つかる業種でもあります。

1~1件を表示 (全1件)
NEW
No.7388 閲覧数:228
公開日:2021.04.12
会社譲渡 専門家なし
NEW 売り案件 No.7388 閲覧数:228 公開日:2021.04.12 会社譲渡 専門家なし

食品微生物の迅速検査機器を開発 2件の特許を取得 食生活の安全に貢献します。

調剤薬局・化学・医薬品

交渉対象
個人法人専門家

食品微生物の迅速検査機器を開発 2件の特許を取得 食生活の安全に貢献します。

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    5,000万円

  • 地域

    埼玉県

  • 創業

    10年未満

大手飲料及び食品製造メーカー様で実施される微生物検査用の用具・検査機器を開発・製造・販売しています。 近赤外線カメラを使用したコロニーカウンターは日本・米国・フランス・イギリス・ドイツなどで特許を取得しており、開発を 進めている。その他、大腸菌群検査に使用される検査用具の特許も申請中。

理化学機器業界のM&Aでチェックすべきポイント

1. 技術の引継ぎ

当業界は技術が非常に重要な業界であり、研究開発及び製造工程で古参社員が中心の場合には、後継者が育っているかといった観点でも充分注意を払ってください。

2. 特定の取引先への依存有無

本業界では、特定の取引先に依存しているケースも見られます。そのため、その企業の動向についても注意を払う必要があります。