ビルメンテナンスの事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

ビルメンテナンス業界の特徴 ビルメンテナンス業は、都市型産業のため、年商1億円を超える中小企業も多くなります。労働集約型の産業のため、これから業界再編が起こる可能性のある業界と言えます。ビルメンテナンス業者は、ビルを対象とした清掃、警備、保守などを請け負う事業者です。請負産業のため、業務は委託契約で行われ、人件費比率が高く、またパートタイマーやアルバイトなど非正規雇用比率が高い業界となります。

1~6件を表示 (全6件)
No.5598 閲覧数:1733
公開日:2020.09.01
会社譲渡 専門家なし
売り案件 No.5598 閲覧数:1733 公開日:2020.09.01 会社譲渡 専門家なし

当社独自の消臭システム取付

不動産

交渉対象
個人法人専門家

当社独自の消臭システム取付

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    750万円〜1,000万円

  • 地域

    埼玉県

  • 創業

    未登録

首都圏で、主に飲食店を対象に消臭システムの施工サービスを行なっております。 当該消臭システムは、競合が少なく近辺では当社で設置することがほとんどです。 譲渡後は、引受企業の方と共にこのサービスを発展させていきたいと考えております。
No.220 閲覧数:10551
公開日:2018.10.23
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.220 閲覧数:10551 公開日:2018.10.23 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

建物空調設備工事、給排水設備工事、ビルメンテナンス

建設・土木・工事

交渉対象
法人専門家

建物空調設備工事、給排水設備工事、ビルメンテナンス

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    500万円〜750万円

  • 地域

    静岡県

  • 創業

    10年以上

法人本店所在地は静岡市、支店が長野県佐久市にあり、長野県及び山梨県に売上の大半を占める大手顧客を持つ建物空調設備会社。
No.3125 閲覧数:2280
公開日:2019.01.08
事業譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.3125 閲覧数:2280 公開日:2019.01.08 事業譲渡 専門家あり/手数料なし

~建物も気持ちも、スッキリ~ 幅広い対応で、地域にニーズに寄り添う清掃業

不動産

交渉対象
個人法人専門家

~建物も気持ちも、スッキリ~ 幅広い対応で、地域にニーズに寄り添う清掃業

  • 売上高

    3,000万円〜5,000万円

  • 譲渡希望額

    5,000万円〜7,500万円

  • 地域

    鳥取県

  • 創業

    20年以上

清掃業 
No.6010 閲覧数:2542
公開日:2020.11.02
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.6010 閲覧数:2542 公開日:2020.11.02 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

ビルメン事業黎明期からの老舗企業。

不動産

交渉対象
個人法人専門家

ビルメン事業黎明期からの老舗企業。

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    3,000万円〜5,000万円

  • 地域

    大阪府

  • 創業

    30年以上

ビルメンテナンス、マンション管理、
限定公開
No.5588 閲覧数:79
公開日:近日公開
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.5588 閲覧数:79 公開日:近日公開 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

薬品へのこだわり、特殊器具の導入等お客様の要望に真摯に向きあうハウスクリーニング

不動産

薬品へのこだわり、特殊器具の導入等お客様の要望に真摯に向きあうハウスクリーニング

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

限定公開
No.6104 閲覧数:229
公開日:近日公開
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.6104 閲覧数:229 公開日:近日公開 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

工場及びビル内の設備機器のメンテナンス業

不動産

工場及びビル内の設備機器のメンテナンス業

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

ビルメンテナンス業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 単価と顧客属性

競争激化による受注単価は減少傾向にあり、過去からの受注単価の推移、官公庁のウェイトが地方になればなるほど高いため官民比率を確認しましょう。

2. 人材の問題

最近では、人手不足がオーナーにとって最大の悩みとなっており、人手不足になった場合には時給アップや外注費アップにつながります。つまり人手不足は、業績のマイナス要因となるため、正社員・非正規社員・外注比率や勤続期間など、人材確保の継続可能性を確認しましょう。