廃プラ・廃油・食品廃棄物処理の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

廃プラ・廃油・食品廃棄物処理事業の特徴 プラスチックは、主にポリエチレン・ポリプロピレン・塩化ビニル樹脂等で作られ、日常生活に欠かせない存在ですが、海洋でのマイクロプラスチックなど社会問題化しています。廃プラ業者は、不純物の除去、洗浄、粉砕等を行い、再生原料や燃料化している事業者です。廃油とは、主に自動車関連業を中心に排出され、廃油業者は再生重油等にリサイクルしている事業者です。食品廃棄物処理業者は、売れ残り、食べ残し等を飼料化・肥料化している事業者です。廃棄物全体のリサイクル意識の高まりもあり、処理施設や処分場は不足している状態です。

1~2件を表示 (全2件)
No.6020 閲覧数:1649
公開日:2020.10.21
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.6020 閲覧数:1649 公開日:2020.10.21 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

高い技術を持つ廃油を原料とする油脂加工品製造業

産廃・リサイクル

交渉対象
法人専門家

高い技術を持つ廃油を原料とする油脂加工品製造業

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    未登録

業歴40年以上と長く、高い技術力を有し、日本で数社しか取り扱えない油脂加工品が製造できます。 廃油を原料とする加工品の製造において顧客納入規格を厳守できています。 30代40代の意欲的な若手社員が在籍しています。
限定公開
No.5405 閲覧数:135
公開日:2020.07.06
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.5405 閲覧数:135 公開日:2020.07.06 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

自社で一貫した対応が可能です/産業廃棄物の収集運搬及び処理・再生業

産廃・リサイクル

自社で一貫した対応が可能です/産業廃棄物の収集運搬及び処理・再生業

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

  • 地域

  • 創業

廃プラ・廃油・食品廃棄物処理のM&Aでチェックすべきポイント

1. コンプライアンス面

各廃棄物処理業者は、それぞれの法律で許認可基準、規制や報告義務などがあります。それがきちんと遵守されているか、現状だけでなく過去にも遡って違法行為の有無を確認しましょう。

2. 周辺とのトラブル有無

不法投棄、ばいじん等の飛散、車両や容器からの漏えいなどの原因による周辺住民とのトラブルが無いかの確認をしましょう。

3. 稼働率と資金繰り

施設や設備が大がかりで、建設費用など多額な投資(保有資産)になっている事業者が多くなります。売上の数倍にもなる施設や設備も少なくなく、資金繰りと安定的な廃棄物の仕入・販売ルートの有無(施設・設備の稼働率)を確認しましょう。