工業用繊維の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

工業用繊維事業の特徴 繊維と言うと斜陽産業と言うイメージがありますが、日本で衣料で使われる繊維の比重は30%に過ぎません。残りは本稿で取り上げる工業用繊維などが中心です。その使用分野は非常に広く、例えば自動車の部品の中に織り込まれていたり、建設資材の中に組み込まれていたり、航空機やロケットなど最先端技術の塊のような製品の中にも、強度と軽さを両立させるために繊維が組み込まれていたりします。プレーヤーは世界的な一部上場企業をはじめ中堅中小企業まで様々ですが、業界の裾野、用途が非常に広いため、様々なプレイヤーが存在しています。当業界でM&A案件が出てきた場合、素材産業であり比較的人気があります。製造業全般に言えることですが、お相手が見つかった際には、ぶれることなく早期に成約する傾向にあります。

1~2件を表示 (全2件)
No.153 閲覧数:2478
公開日:2018.09.30
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.153 閲覧数:2478 公開日:2018.09.30 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

撚糸加工業

調剤薬局・化学・医薬品

交渉対象
個人法人専門家

撚糸加工業

  • 売上高

    3,000万円〜5,000万円

  • 譲渡希望額

    2,000万円〜3,000万円

  • 地域

    甲信越・北陸地方

  • 創業

    50年以上

撚糸加工業
近日公開
No.6783 閲覧数:370
公開日:2021.02.02
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6783 閲覧数:370 公開日:2021.02.02 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

【細かい対応が可能】ネットの製造・販売業

調剤薬局・化学・医薬品

交渉対象
法人専門家

【細かい対応が可能】ネットの製造・販売業

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    奈良県

  • 創業

    40年以上

PE紡糸から製造まで細かい対応を行っております。 【商流】 仕入れ先や取引先とは長年お付き合いがあり安定しております 【アピールポイント】 紡糸設備を一式保有しています 【従業員】 正社員が2名おりますが雇用継続については要相談です

工業用繊維事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. プロダクト(繊維)の将来性

当業界のM&Aを進めるにあたっては、通常の財務や法務以外にも、技術的な検証が必要不可欠です。当該製品が現在主流であったとしても新素材の開発により陳腐化していないか、最終製品やどのようなものに利用されているかなど、当該企業が製造している工業用繊維の将来性についてきちんと検証する必要があると思います。