電子部品設計の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件

電子部品設計事業の特徴 当業界は、あらゆる機器がメカニカル制御から電子制御に移行する中で、中核的な役割を担っている業界です。需要は着実に増加していますが、技術者の不足が大きな課題となっています。要因としては、大学や高専の電気科の就学者数に見てとれるのですが、機械科と電気科では電気科の人数が少ないと言う状況が歴史的に続いてきたことが背景にあります。M&Aで当業界が売りとして出てきた場合は、非常に人気案件になることが予想されます。これは機械設計はできるが電気設計は他社にお願いしていると言う業者が多く、成長の足かせとなっていることから、M&A意欲が非常に強いと言う要因があります。

1~3件を表示 (全3件)
No.5510 閲覧数:1637
公開日:2020.08.03
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.5510 閲覧数:1637 公開日:2020.08.03 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

機械駆動装置を高効率化する特許他、10の特許保有メーカーのノウハウと設備を譲渡

機械・電機・電子部品製造

交渉対象
法人専門家

機械駆動装置を高効率化する特許他、10の特許保有メーカーのノウハウと設備を譲渡

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    2,000万円〜3,000万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    20年以上

大手重工メーカ、大手建機メーカ、大手自動車メーカ、大手鉄道車両メーカより駆動装置の開発設計を受注納入してました。 現在は、世界初で従来の駆動装置に代わる画期的モータ駆動装置を開発しております。こちらは、現状のモータ駆動装置に代わる損失、大きさ、コスト半減以下としたインバータでモータ体格4割の小型化と、電池容量3割削減が出来る技術になっております。こちらの技術は、2020年の1月に特許技術を取得し、2020年2月に発明大賞を受賞しました。
No.4645 閲覧数:2067
公開日:2020.03.02
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.4645 閲覧数:2067 公開日:2020.03.02 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

【営業権無、時価純資産売買】電子機器の開発・設計・製造(得意先大手、50年以上)

機械・電機・電子部品製造

交渉対象
個人法人専門家

【営業権無、時価純資産売買】電子機器の開発・設計・製造(得意先大手、50年以上)

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    群馬県

  • 創業

    50年以上

電子機器の開発、設計、製造
No.5295 閲覧数:4201
公開日:2020.06.18
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.5295 閲覧数:4201 公開日:2020.06.18 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

人感スイッチのパイオニア企業! センサー応用電子機器の開発、製造、販売

機械・電機・電子部品製造

交渉対象
法人専門家

人感スイッチのパイオニア企業! センサー応用電子機器の開発、製造、販売

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    300万円〜500万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    20年以上

センサー応用電子機器の開発、製造、販売(現在は住宅向けですが、各種方面に技術の応用が可能)。 大卒以上の40代のエンジニア4名を抱え、業界内でパイオニア的存在。 高度な技術力を有しており、特許等知的財産権を約60件以上保有し、現在も多くの開発品を保有。 ※競合の大手企業から特許の使用許諾の打診がきたこともあります(自社での販売を優先し、拒否) なお、前々期までは売上が約1.5億円で推移し、自社で開発した製品を大手企業にOEMで販売していました(誰もが知る大手企業ブランド名にて)。 (詳細は売り手アドバイザーのコメントを参照ください)

電子部品設計事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 技術者の確保

技術者あっての当業界です。そのため、保有する技術、技術者の層、年齢など、人を中心にしっかりとチェックする必要があります。

2. 取引先

取引先が多岐に渡っているケースが多いですが、中には一社に集中しているケースもあります。M&A後もその企業と付き合えるのかどうか、自社の設計を回す余裕があるのか見極めが重要になります。