パチンコ店の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

パチンコ店事業の特徴 当業界は1990年代に30兆円産業と言われ、栄華を極めました。その後、規制強化やアミューズメントの多様化、若者のパチンコ離れ、ヘビーユーザーであった消費者金融ユーザーが貸金規制強化から資金不足に陥ったこと、24時間扱える金融商品の台頭、高齢化による顧客の脱落などにより、業界全体としては衰退の傾向にあります。一方で業界上位の大手が攻勢を強めており、中小規模のホールは厳しい経営を強いられているといえます。当業界でM&Aの売り案件が出てきた場合、前述のように大手が攻勢を強めていることから買いニーズはあるものの、立地、規模に左右されることからマッチングには時間を要することが多いです。

1~1件を表示 (全1件)
No.4388 閲覧数:2237
公開日:2019.12.10
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.4388 閲覧数:2237 公開日:2019.12.10 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

地域に根付いた居酒屋、パチンコ店、買取専門店事業の譲渡

娯楽・レジャー

交渉対象
法人専門家

地域に根付いた居酒屋、パチンコ店、買取専門店事業の譲渡

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    応相談

  • 地域

    長野県

  • 創業

    30年以上

パチンコ店1店舗、居酒屋1店舗、買取専門店2店舗を経営しております。

パチンコ店事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. コンプライアンス面

当業界は、法規制、許認可、警察との関係などが特に強いため、コンプライアンス面でのチェックが中心になるかと思います。関連法規に則って運営しているかどうかを確認しましょう。

2. 財務面

財務面では、他産業に比べ内容は良いものの、新台の入れ替え負担などで財務が悪化しているケースもあり、きちんとしたチェックが必要になると思います。