TOPM&A記事・コラムM&Aの進め方買い手Step2-1:売り案件の探し方

買い手Step2-1:売り案件の探し方

2020.04.23

売り案件の見方について

買い手の皆様がバトンズで案件を探したい場合、「売り案件一覧」から「売り案件個別情報」を閲覧することができます。

非会員の方は、案件個別情報の財務情報が非表示となっていますが、バトンズに会員登録すると、全ての案件情報を閲覧することができます。

「売り案件一覧」の見方

売り案件一覧では、売上高(レンジ)、譲渡希望額(レンジ)、地域、創業年数のほか、以下の案件情報を見ることができます。

売り案件一覧の画面

① 案件ステータス

 
案件ステータス 内容
なし マッチングを受付けている案件です
近日公開 アドバイザーが案件化中で、近日中に公開されます
限定公開 売り手の希望でBatonzプレミアム会員、支援専門家に限定してマッチングを受付けている案件です
買い手募集停止中 現在進捗している交渉を優先しており、新規のマッチングを一時的に停止しています
独占交渉中 買い手と基本合意を結び、独占交渉に入っています。交渉がブレークした場合に限り、マッチングが再開されます
募集終了 バトンズ上での買い手募集を終了しています
成約済み 成約済みの案件となります

② 交渉状況

交渉状況 内容
閲覧数 何人のユーザーに案件が閲覧されたかを示しています
公開日 本案件が公開された日付を示しています

③ お気に入り/公開通知ボタン

マッチングを受付けている案件の場合、このボタンでお気に入りに登録することができます。

なお、案件ステータスが近日公開になっている場合は、「公開されたら通知する」というボタンになっています。このボタンをクリックすると、当該案件が公開された際、メールで通知を受け取れます。

 

④ 業種の詳細分類

業種大分類から、さらに詳しい案件の業種分類を把握できます。複数の事業を営んでいる案件は、ここに複数の業種が表示されます。

 

⑤ 売り手側の支援専門家(アドバイザー)の有無

バッジの種類 内容
支援専門家あり(仲介前提) 売り手にアドバイザーがついているため、交渉相手は売り手側アドバイザーとなります。

買い手は交渉を進めていくにあたり、売り手側アドバイザーとアドバイザリー契約を結び、仲介契約をして進めることが前提となる案件です。

支援専門家あり 売り手にアドバイザーがついているため、交渉相手は売り手側アドバイザーとなります。

買い手は交渉を進めていくにあたり、売り手側アドバイザーとアドバイザリー契約を結ぶ仲介モデル、買い手ご自身、もしくは別のアドバイザーに委託するFAモデル、どちらでも対応可能な案件です。

支援専門家なし 売り手にアドバイザーはついていません。交渉相手は売り手ご本人となります。

※相対交渉でM&Aを進める場合は、バトンズDDの実施をおすすめしています。詳しくはこちらをご覧ください。

⑥ 交渉対象

事業形態 内容
個人 個人、個人事業主の方がマッチングできます
法人 法人の方がマッチングできます
専門家 買い手側アドバイザーがマッチングできます

 

「売り案件個別情報」の見方

売り案件一覧のなかから、気になる案件をクリックすると、匿名の案件情報を閲覧できます。

売り案件個別情報の画面

① 案件概要

カテゴリ 内容
会社概要 「業種」「事業形態(法人か個人事業主か)」「都道府県・地域」「設立年月」
財務概要 損益計算書、貸借対照表の主要科目(レンジ表記)

※概観の把握が目的です。実名開示依頼が承諾されると、決算書を開示してもらえます

譲渡概要 売り手が希望する「譲渡希望額」「譲渡対象(会社譲渡か事業譲渡か)」「M&A交渉対象」「その他希望条件」「譲渡に際して重視する点」「譲渡理由」「支援専門家の有無」

② 事業概要

項目名 内容
商流 顧客・販売先/商品・サービス/仕入先の特徴や事業の流れなど、ビジネスモデルの概要
アピールポイント 会社・事業の強み、歴史、特徴など
従業員・組織 社員数、社員年齢、キーマンに関する情報など

※事業概要を掲載していない案件もあります。当該案件は実名開示承認後の情報開示となります。

 

売り案件の探し方

方法1:絞り込み検索

「売り案件一覧」の上部には、業種、地域、売上高、営業利益、譲渡希望金額、キーワード(フリーワード検索可)の入力項目があります。ここに希望する条件を入れることで、条件を絞り込んで案件を探すことができます。

また、案件の並び順は、新着順(公開日が直近の日付順)と更新順(案件情報を更新した日付順)に切り替えることができます。

売り案件一覧の検索画面

方法2:おすすめ案件から探す

登録した買いニーズに合致した案件を閲覧できます。

「売り案件を探す」メニューにある「おすすめ案件一覧」、もしくはダッシュボード画面上にある「あなたへのおすすめ案件」から閲覧できます。

ダッシュボード画面

また、登録した買いニーズに合致した案件が公開された際、皆様が登録したメールアドレスに「おすすめ新着案件」として通知されます。

おすすめ案件の通知メール

ココがポイント!

ポイント①:買いニーズ登録や案件検索する際は、条件の幅は広めに

M&A・事業承継の案件候補出しは、匿名情報がスタートとなります。実名で交渉していく中で、条件調整が可能であったり、実名交渉以降の情報開示や企業調査(バトンズDD)で実態把握できる部分が多くあります。案件を探す際は、実際の希望よりも条件の幅を少し広くすることをおすすめします。

ポイント②:決算書の第一印象だけで判断しない方がいいことも

中小企業のM&A・事業承継では、税務会計で作成された決算書の純資産、営業利益だけでは、その会社・事業が持つ適正価値を把握できないことが多くあります。不動産の価値が簿価よりも高かったり、役員報酬や節税対策分を控除すると赤字ではなく収益性が実は高かったりなど。案件を決算書の第一印象のみで判断しないことをおすすめします。

ポイント③:定期的な売り案件のチェックを

M&A・事業承継は、売り手はもちろん、買い手にとっても案件との出会いは一期一会なものです。バトンズでは、1日10件以上の案件が公開される日もあり、今後も増えていきます。ぜひ定期的に売り案件や通知メールをチェックしてみてください。

 

 

M&Aの進め方

その他のオススメ記事

300万円以下の売りの会社・事業情報一覧へ