TOPM&A記事・コラム事業承継・M&Aトピックス会社の形態の違いって?どんな会社もM&A可能?形態別に徹底解説!

会社の形態の違いって?どんな会社もM&A可能?形態別に徹底解説!

2019.10.28

それぞれの会社の形態を理解し、手続きを進めよう

会社には「株式会社」と「持分会社」という2つの形態があり、持分会社はさらに「合名会社」「合資会社」「合同会社」の3種類にわけることができます。株式会社と持分会社の最大の違いは、経営と所有が分離しているかどうかという点でした。

しかし、中小企業を中心として、出資者が経営を行っている株式会社もあります。また、手続きをすればほかの形態への転換も可能です。税制上はどの形態の会社でも法人という扱いになることも同じ。会社の形態が違っていても、それほど気にしなくて良いかもしれません。

M&Aを行うときも同じで、有限会社は残せないという点にさえ気を付けたら、どの形態の会社であっても合併や買収などをすることができます。ただし、持分会社の売買をする場合は会社の出資者全員の同意が必要、ということは意識しておきましょう。M&Aの手法や細かい制度などは、専門家に相談するのがおすすめです。

事業承継・M&Aトピックス

その他のオススメ記事

300万円以下の売りの会社・事業情報一覧へ