自動車教習所の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件

自動車教習所事業の特徴 自動車教習所は、免許を受けようとする者に対し、自動車の運転に関する技能および知識について教習を行う施設であり、都道府県の公安委員会が道路交通法に基づいて、「指定」「非指定」「届出」に分けられています。自動車教習所は、若者の減少と車離れから、業績が悪化しているところが多く、撤退を余儀なくしているケースがあります。そのため、生徒数を確保するために、料金の値下げ競争は激しくなっています。地方の教習所では、宿泊して免許を取得する合宿免許が卒業生の半数になるところがあり、宿泊費や食費などを含めて、大都市圏の教習所よりも安い価格設定をしているケースがあり、薄利多売となっています。そのため、高齢者講習などの教習メニューを増やしたりするなど、売上を確保する経営努力が必要となります。

1~1件を表示 (全1件)
No.6261 閲覧数:1692
公開日:2020.11.30
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
売り案件 No.6261 閲覧数:1692 公開日:2020.11.30 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

地域では知名度がある自動車教習所です。多くの学生の生徒を抱え、歴史もあります。

教育サービス

交渉対象
個人法人専門家

地域では知名度がある自動車教習所です。多くの学生の生徒を抱え、歴史もあります。

  • 売上高

    2億円〜5億円

  • 譲渡希望額

    2.5億円〜5億円

  • 地域

    関西地方

  • 創業

    未登録

知名度も高く歴史もある自動車教習所です。コロナ禍においても業績は安定しており、生徒の大半が学生です。

自動車教習所事業のM&Aでチェックすべきポイント

1. 借地契約書の確認

指定自動車教習所には、コース敷地面積8,000㎡以上の基準があり、広大な土地が必要となります。借地の場合、地主さんが複数になっていることが想定されるため、借地契約書の確認は必須です。自社所有の場合には、広大地、いわゆる地籍規模の大きい宅地に該当していないか確認しておきましょう。

2. 指導員・検定員の所属

教習指導員と技能検定員の方の中には、外部の労働組合に加入されているケースもありますので、M&Aをする前に確認しておきましょう。

3. 土壌汚染の有無

自動車教習所内にガソリンの給油所がある場合には、土壌汚染が発生しているケースもあります。そのため、タンクの使用年数などを確認しておきましょう。