よくある質問 Q&A

お問い合わせ

バトンズについて

バトンズを使って何ができますか?
バトンズは、売り手と買い手のマッチング、その先の成約までをトータルで支援するサービスです。

ネット上での売り手・買い手のマッチングに加え、
● M&Aノウハウを習得できる「バトンズM&A大学」
● 予期せぬトラブルを回避し、的確なサポートで成約確率を高める「支援専門家とのマッチング」
● 多くの過去成約実績をもとに、売買価額の相場が分かる「バトンズ価格査定システム」
● M&Aの実務で使える「M&Aツールキット」
● お困り事やお悩みを無料で解決する「Batonzコンシェルジュ相談サービス」「案件登録代行サービス」
を提供しています。

売り手の方は、バトンズに会員登録・売り案件登録をすると、4万超の買い手候補からマッチングの募集をスタートできます。
バトンズでは案件の「公開」「限定公開」という公開設定があるため、日本全国、会社・事業規模の大小にかかわらず安心・安全にマッチングを開始いただけます。
詳しくは、こちらをご参照ください。


買い手の方は、バトンズに会員登録・買いニーズ登録をすると、売り案件へのマッチングを申請できるようになります。
ご登録した買いニーズにマッチした売り案件情報は、おすすめ案件としてメールで受け取ることができます。

専門家に委託せずにM&Aを相対交渉で進めた場合、「あるはずのもの(資産)が無い」といった事実が後から判明し、成約後に損害賠償や補償を請求されるといったトラブル事例がメディアで散見されます。
バトンズには、安心・安全で、成約確率の高いM&Aを支援するために、成約実績豊富な1,600社超の「支援専門家(アドバイザー)」が登録しています。
トラブルなくM&Aを行えるよう、売り手・買い手の皆様に最適な支援専門家(アドバイザー)をご紹介しサポートいたします。
バトンズに登録している支援専門家(アドバイザー)は、こちらをご参照ください。

M&Aを支援したい方は、「Batonzパートナープログラム」にご登録いただくことで、中小企業の支援専門家としてご活躍いただけます。これにより、貴社の本業強化、売上・ビジネス拡大が可能となります。
詳しくは、こちらをご参照ください。
バトンズと他のM&Aネットサービス、M&A仲介会社との違いは何ですか?
幾多とあるM&Aネットサービスは、売り手・買い手の「マッチングのみを提供」しているサービスが多くなります。
M&A仲介会社は、専属専任のコンサルタントが全ての工程を人力で支援するため「手数料が高くなる」「1~2年と期間が長くなる」傾向があります。
バトンズは、30年の歴史をもつ日本M&Aセンターグループが持つノウハウ・情報・業務支援ツール、1,600社超の支援専門家ネットワークを保有することで、最安の利用料で、スピードも早く(平均期間5カ月)、安心・安全な成約までをトータルに支援するサービスとなっています。
バトンズでのM&Aは、なぜ安心・安全なのですか?
他社が提供しているM&Aネットサービスは、マッチングのみを提供し、交渉・契約まわりは全て自己責任で進めることが多く見受けられます。
しかし、相対交渉によって成約した後、「聞いていたことと違った」「あるはずの資産が無かった」「簿外債務が見つかった」「損害賠償・補償を請求された」など、トラブルに発展する事例がメディアで多く報告されています。
その点、バトンズは、30年の実績を持つ日本M&Aセンターグループが持つノウハウ・情報・ツールの提供、そして、1,600社超の支援専門家による充実したサポート体制を提供しています。
また、バトンズに登録している多くの支援専門家は、従来のM&A手数料の1/5~1/10の水準でサービスを提供しています。
最後まで責任を持ってサポートさせて頂くことで、バトンズは過去1件もトラブルが発生していません。
バトンズでは、なぜスピード成約ができるのですか? なぜ手数料が業界最安値なのですか?
一般的なM&Aは、案件化、マッチング、トップ面談、基本合意、企業調査(デューデリジェンス)、最終契約という流れで進みます。
従来のM&Aでは、案件化からマッチングまでに通常半年~1年かかり、企業調査(デューデリジェンス)を行う場合はさらに1.5ヵ月~2ヵ月を要していました。
しかし、バトンズはネットによる独自のシステムを活用することで案件化・マッチングの生産性を大幅に向上し、「バトンズDD」という小規模M&A向けの企業調査サービスを約2~3週間で提供しています。
これにより、従来はトータルで1~2年かかっていたM&Aのプロセスが、平均5カ月(最短事例1ヵ月)に縮まり、数多くの案件でスピード成約を実現しています。
さらに、バトンズはM&A教育事業を展開し、登録している支援専門家(アドバイザー)とともにM&Aの生産性を飛躍的に向上できていることから、業界最安の手数料でサービスを提供できています。
売り案件、M&A案件とは何を指していますか?
自社の株式(会社)、または事業(会社資産の一部)の第三者への譲渡・売却を検討している案件のことを指しています。
売り手ご自身、または売り手が委託した支援専門家(アドバイザー)が案件をバトンズに登録します。
こちらから、掲載されている案件を閲覧・探索することができます。
登録した情報の管理について、安全性は大丈夫ですか?
バトンズでは、東証一部上場の日本M&Aセンターと同水準のセキュリティ対策・運用を行なっています。
皆様からお預かりした情報は、適切な管理体制のもと厳格に管理しています。
尚、交渉相手への情報開示は、M&Aの交渉に必要な範囲でのみ開示されます(連絡先などの個人情報は開示されません)。
実名交渉を双方で承諾しない限り、実名情報が開示されることもありません。
交渉時に、お相手に開示される情報の詳細は、こちらをご覧ください。
推奨している利用環境はありますか?
バトンズは、最新バージョンであれば、基本的に全てのデバイス、OS、ブラウザでお使いいただけます。

バトンズM&A大学の中にあるオンライン動画講座の視聴にあたっては、以下の視聴環境を推奨しています。
■ウィンドウズ
[OS]Windows 10、Windows 8、Windows 7
[ブラウザ]Firefox(最新バージョン)、Chrome (最新バージョン)、Edge(最新バージョン)、Internet Explorerの11
■Mac
[OS]macOS 10.13以上
[ブラウザ]Firefox(最新バージョン)、Chrome(最新バージョン)、Safari(最新バージョン)

会員登録・ログインについて

どんな人が会員登録できますか?
会社・事業を売りたい方、会社・事業を買いたい方であれば基本どなたでも登録できます。
会社・事業を引き継いで起業したい個人の方、M&Aによる事業拡大・拠点拡大を目指す個人事業主・法人の方、M&Aの支援業務に関わる方、全て登録可能です。
M&Aで成約するためには意思決定者同士の交渉が肝となるため、決定権者本人(またはその代理人)にご登録いただくことを推奨しています。
会員登録は無料ですか? (手数料はどこから発生しますか?)
売り手・買い手ともに、会員登録は無料です。
売り手の方は、バトンズの利用手数料は成約後も無料です。買い手の方は、成約時に成約価額の2%(最低報酬なし)をバトンズへお支払いいただきます。
支援専門家(アドバイザー)のサポートを受ける場合は、個別に料金の説明を受けたうえで、ご契約ください。
詳しくは、こちらをご参照ください。

※M&Aを支援したい方向けの「Batonzパートナープログラム」、譲受意思の強い本気の買い手の方向けの「Batonzプレミア会員」に登録するには、月額費が発生いたします。
既にメールアドレスが登録済とエラーが出た場合どうすればよいですか?
ご入力いただいたメールアドレスで既にバトンズに会員登録をしたことがある方になります。
パスワードをお忘れの場合は、ログイン画面で「パスワードを忘れた方はこちら」から、パスワードの再発行手続きへとお進みください。
すでにM&A大学の会員登録をしている場合、同じアカウントでバトンズも利用できますか?
バトンズM&A大学会員(メールアドレス、パスワードのみ)にご登録済みの方は、そのアカウントを引き継いで、バトンズの利用を開始することができます。
バトンズM&A大学へログイン後、「アカウントの管理」メニューより、「バトンズ会員に変更する」を選択し、その後のユーザー種別選択へとお進みください。
仮登録後の本登録用メールが届かないのですが、どうすればよいですか?
ネットワークやメールサーバ環境に不具合がない限り、ご入力いただいたメールアドレスが誤っていた可能性があります。
再度、仮登録をやり直してください。
未成年ですが会員登録できますか?
原則、未成年の方のご登録はお断りしております。
ただし、会社の代表者であるなど、バトンズ審査で承認となった場合はこの限りではありません。
海外在住ですが会員登録できますか?
現在のバトンズでは、売り案件への質問や実名開示依頼を行える買い手の方を
・本人確認資料(パスポート、健康保険証、運転免許証、住民基本台帳カード/マイナンバーカード)に記してある住所が国内の方のみ
に限らせていただいています。
ご理解賜れますようお願いいたします。

バトンズでは今後、海外案件の売買も支援する展開を計画しております。
メールマガジンの配信停止はどうすればよいですか?
ログイン後の画面にある「アカウント情報の管理」メニューより、メールマガジンの[停止する]ボタンを押してください。
再度、[受信する]ボタンを押せば、メールマガジンを再開できるようになります。

メールマガジンを停止すると、おすすめ案件の通知メールも停止されるのでご注意ください。
退会はどのようにすればよいですか?
ログイン後画面にある「アカウント情報の管理」メニューのページ下部にある[退会を申請する]より手続きを行ってください。
パスワードを忘れてしまった場合どうすればよいですか?
ログイン画面の「パスワードを忘れた方はこちら」からパスワードの再設定を行ってください。
登録したメールアドレスにメールが届きます。メール本文のURLを押して再設定画面でお手続きください。
パスワードは、バトンズカスタマーセンターでは変更を行うことはできません。

本人確認について

なぜ本人確認をするのですか?
M&A・事業承継では、決算書など機密情報のやりとりが発生するため、秘密保持が最重要となります。
例えば、身元をなりすまし、悪意をもってお相手の機密情報を流出させるなどは、厳にあってはなりません。
本人確認が任意のM&Aサービスもありますが、トラブルになるリスクが非常に高くなります。
バトンズでは、本人確認・審査を徹底しているため、皆様に安心して交渉に進んで頂けます。
本人確認に必要な身分証は何ですか?
スマートフォンなどで撮影した以下の身分証の写真をご準備ください。

◆売り手の方
<法人の方>
・健康保険証

<個人事業主の方>
・健康保険証
・青色申告承認申請書/青色申告決算書の1ページ目、のいずれか1つ

◆買い手の方
<個人・個人事業主の方>
・運転免許証/パスポート/住民基本台帳カード/マイナンバーカード、のいずれか1つ
・健康保険証

<法人の方>
・名刺2枚
・健康保険証
本人確認しないとバトンズは使えないのですか?
売り手の方は、本人確認前でも売り案件登録までできますが、本人確認が完了しないと買い手とのマッチングが開始できません。
買い手の方は、本人確認前でも売り案件の探索・閲覧はできますが、本人確認が完了しないと売り案件への質問や実名開示依頼はできません。
本人確認にはどれぐらい時間がかかりますか?
本人確認・審査には、2~3営業日いただくことがあります(平日の日中であれば、数時間で完了することもあります)。
予めご了承ください。
健康保険証がない場合どうすればよいですか?
バトンズの本人確認では、健康保険証が必須となっておりますので、ご準備をお願いしています。
健康保険証の会社名と会員登録した情報が異なる場合、どうすればよいですか?
◆個人の方
・健康保険証とあわせて、勤務先会社の名刺2枚をご用意いただければ、本人確認の手続きができます。

◆個人事業主の方
・健康保険証とあわせて、以下3つのうちいずれか1つをご用意いただければ、本人確認の手続きができます。
→「所属事業者の名刺2枚」「青色申告書」「開業届」

◆法人の方
・本人確認手続きで名刺2枚を登録して頂くので、特段追加でご準備いただくものはありません。
法人の登録者ですが、国民健康保険証しか持っていない場合どうすればよいですか?
当該会社役員である場合には、登記簿謄本と名刺をご用意いただければ、本人確認の手続きができます。
本人確認書類としては、以下2つの画像をアップロードしてください。
・登記簿謄本+国民健康保険(被扶養者健康保険証)の画像 ※1枚の写真に納めてアップロードください。
・名刺2枚(お名前、会社名、住所が確認できる面) ※1枚の写真に納めてアップロードください。

※役員でなく、従業員である場合にはご登録はできません
無職、休職中、起業準備中、フリーランスの場合、本人確認はどうすればよいですか?
スマートフォンなどで撮影した以下の書類の写真をご準備ください。
・所得証明書/直近の源泉徴収票/メイン銀行の残高証明、のいずれか1つ

売り案件の登録について

どのように売り案件を登録すればよいですか?
バトンズの「会員登録」ボタン、もしくは”会社・事業を売りたい方へ”という売り手の方専用ページにある「売り案件の登録」ボタンを押してください。
ガイドに従って、会社・事業の情報を入力いただければ、案件登録をすることができます。
詳しくは、こちらもご参照ください。
売り案件を登録する前に相談することは可能ですか?
売り手の方に対し、無料での相談サービスを提供しています。
M&A以外の選択肢を含め、どんなメリット/デメリットがあるのか、どう進めていくのがよいのか、といった売り手オーナーの皆様が抱えるお悩みや不安に対し、事業承継・事業再生の支援実績豊富なプロのアドバイザーがご相談にのるサービスです。
無料相談をご希望の方は、こちらからお問合わせください。
売り案件の登録に必要な資料・書類はありますか?
バトンズへの売り案件登録時点では、資料・書類が無くても登録できます。

一方、買い手とのマッチングが開始されると、3期分の決算書、取引先一覧、従業員一覧など、さまざまな情報開示が必要となります。
実名開示を承諾した買い手にのみ公開される「提供資料」という機能があるので、是非お使いください(都度、複数の買い手に資料を送付する手間が軽減されます)
支援専門家にサポートを委託すると、必要資料を事前に収集し「概要書」を作ってもらえます。
「概要書」とは、実名開示を承諾した買い手にのみ開示する資料であり、売り手の会社・事業の現状や魅力を整理した資料になります。
売り案件の登録に制約のある会社・事業はありますか?
一部制約をもうけております。

◆会社・事業形態について
・NPO法人、一般財団法人、一般社団法人、公益社団法人、公益財団法人、宗教法人などの一部法人については、その公益性の観点から売買が適切ではないと考えられるため、登録をご遠慮いただいています。
・休眠中など事業実態のない会社・事業も登録はできません。
・居抜き物件や古物のみの譲渡の登録もご遠慮いただいております。

◆業種について
・性風俗関連特殊営業は、原則として登録できません。また、公序良俗に反する事業や反社会勢力とのつながりのある事業も登録をご遠慮いただいています。
規模が小さい会社、赤字の会社、債務超過の会社でも、売り案件登録できますか?
もちろんできます。

バトンズでは売上1億未満の会社・事業、赤字・債務超過の会社・事業が多く成約しています。
バトンズは、譲渡スキーム/譲渡対象の設計や買い手の選別によって、どんな会社・事業でもM&A・事業承継ができると確信しています。
お困りの事があれば、バトンズカスタマーセンター(03-5218-5088)までご相談ください。
売り案件としてサイトに公開するのに抵抗があり、他の手段はありませんか?
バトンズへの登録・掲載は、「公開」「限定公開」を選ぶことができます。

「公開」を選択すると、サイトに匿名情報が公開され、バトンズを訪問する非会員ユーザー、会員登録している全ての買い手・支援専門家が閲覧することができます。
「限定公開」を選択すると、サイトに匿名情報は公開されず、支援専門家と譲受意思の強い一部の買い手プレミア会員のみが閲覧可能となります。

サイトへの掲載に不安を感じる方は、「限定公開」を選択して登録してください。
非公開のまま売り案件としてM&Aを進めることはできますか?
可能です。バトンズには、M&A成約実績豊富な専門アドバイザーチーム、および皆様をサポートするコンシェルジュチームがいます。
売り手の方に、無料相談サービスを提供していますので、非公開でのM&A・事業承継の検討も是非ご相談ください。

こちらより、お問合わせください。
サイトに財務情報を公開するのに抵抗があり、他の手段はありませんか?
バトンズへの登録は、売上高、営業利益など一部の主要勘定科目について、レンジ(3,000~5,000万円など)を選択するだけで掲載することができます。
決算書など、財務情報の実態・詳細は、実名開示を承諾した買い手にのみ情報開示していただきます。
売り手オーナーの代理で売り案件を登録できますか?
売り案件登録は、売り手ご本人、もしくは売り手が委託した支援専門家(バトンズに登録している総合M&Aアドバイザー)のみができます。
なりすましなどを防止するため、知り合いの方を代理登録することはできない旨、ご理解ください。
登録した売り案件情報はどこまで公開されますか?
バトンズのサイト上では、皆様の特定につながる情報、実名情報は公開されません。
具体的には、売り案件登録時に[秘匿]のついた項目は公開されません。
実名開示依頼を承諾した買い手にのみ、事前に秘密保持に誓約の上、実名情報が開示されます。
連絡先(携帯電話番号、メールアドレスなど)といった個人情報は、バトンズ本部確認用で開示はされません。
交渉ステータス別に開示される情報は、こちらもご参照ください。
売り案件を編集するにはどうすればよいですか?
本人確認・審査が完了し案件が公開されたあとに、売り案件の会社情報などを変更したい場合は、ご本人の再確認・再審査を行わないと編集できません。

ご自身で編集できない項目を編集したい際は、売り案件の編集>掲載を終了したい売り案件を選択し、「お問合わせ」フォームから編集内容についてご連絡、またはバトンズカスタマーセンター(03-5218-5088)までご連絡ください。
バトンズ側で一度下書きに戻し、編集をして頂けるように設定します。

売り手の進め方について

M&A交渉はどのように進めていくのですか?
売り案件をご登録いただいた後、マッチング、トップ面談、基本合意、企業調査、最終契約というステップで進めていきます。
M&Aの進め方(各ステップの内容、バトンズの使い方、進める上でのポイント)について、詳しく解説しているガイドページを用意しています。
こちらをご参照ください。
アドバイザーに相談するにはどうすればよいですか?
バトンズにある「支援専門家一覧」で探索し、希望する支援専門家(アドバイザー)に直接、相談・依頼の問い合わせをすることができます。
支援専門家一覧では、各社の実績・特徴・強み・サービス内容・料金などを閲覧することができます。

どの支援専門家に相談するのがよいかお悩みの際には、バトンズカスタマーセンター(03-5218-5088)までお問合わせください。
皆様に最適なアドバイザーをご紹介させていただきます。
買い手候補はどれぐらい集まりますか?
バトンズには4万超の買い手候補が登録していることに加え、1,600社超の支援専門家が登録しています。
支援専門家は、自社の買い手顧客に提案するために日々売り案件を探索しています。
売り案件によって様々ですが、数十件の買い手候補と同時に交渉している方も多くいらっしゃいます。
複数の買い手と同時に交渉を進めてよいのでしょうか?
同時に交渉を進めていただけます。

ただ、バトンズでは買い手の選別視点を豊富に持つアドバイザーに交渉を委託することをおすすめしています。
アドバイザーに委託すると手数料はかかりますが、結果として成約率が高くなり、相対交渉のM&Aで散見されるトラブルも回避できます。

特定の買い手と基本合意/独占交渉に入ると、他の買い手との交渉は中止となり、1人の方と最終契約まで進めていただくことになります。
マッチング、成約しやすい条件はありますか?
一般的に成約しやすい条件としては、正常収益が黒字である、金融借入金が少ないことなどがあげられます。
(しかし、バトンズでは、赤字・債務超過でも複数成約事例がでていますので、この限りではありません)

マッチングで買い手候補が集まる条件としては、「会社・事業の価値(財務情報)」と「譲渡希望額」のバランスが合っていることがあげられます。
バトンズでは「純資産+営業利益1~2年分」程度が譲渡希望額である案件に、多くのマッチングが入る傾向があります。
企業評価については専門知見が必要なため、「バトンズ価格査定システム」を使う支援専門家に相談することをおすすめしています。
実名開示依頼の承諾、お断りの前に買い手の情報を確認できますか?
買い手から実名開示依頼がくると、お相手の実名を含めた情報が全て確認できます。
また承諾/お断りのご判断をする前に、質問のやりとりもすることができます。

買い手候補とのマッチングは一期一会のため、候補者として広く募って、積極的に実名交渉に進まれることをおすすめしています。
交渉相手から回答がない場合どうすればよいですか?
前提として、バトンズでは売り手・買い手双方に、スピーディーな返信とビジネスマナーを持った応対をお願いしています。

交渉相手から返答がない、または遅いと感じたら、再度メッセージを送ってみてください。
それでも返答がない買い手の場合は譲受意欲の低い方と見做し、その方との交渉を中止して頂いて結構です。
交渉中の買い手と交渉を中止したい場合どうすればよいですか?
「メッセージBOX」で当該買い手との交渉を選択いただき[交渉を中止する]というボタンを押すと、交渉を中止することができます。
一度交渉を中止してしまうと、その後同じお相手との交渉を再開することができなくなるのでご注意ください。
会社・事業の譲渡後、売り手オーナーはどうすればよいですか?
一般的には、退任することもあれば、引き続き顧問のような形で会社に残ることもあります。
ご自身の希望をお伝えいただき、買い手と協議をしていただきます。
売り案件掲載を終了するにはどうすればよいですか?
売り案件の編集>掲載を終了したい売り案件を選択し、「お問合わせ」フォームから掲載終了したい旨をご連絡、またはバトンズカスタマーセンター(03-5218-5088)まで募集を終了したい旨をご連絡ください。
1営業日以内に募集終了の手続きをさせていただきます。

買い手の情報登録について

どのように買い手情報、買いニーズ情報を登録すればよいですか?
バトンズの「会員登録」ボタンをおしてください。
ガイドに従って、登録者ご自身および会社情報を入力いただければ、買い手情報、買いニーズ情報を登録することができます。
詳しくは、こちらもご参照ください。
登録した会員情報、買いニーズ情報はどこまで公開されますか?
バトンズのサイト上では、皆様が登録した情報は一切公開されません。
売り案件に質問をする際には、売り手ご本人、もしくは売り手側アドバイザーにのみ実名以外の買い手情報・買いニーズ情報が開示されます。
実名開示依頼をした時には、売り手ご本人、もしくは売り手側アドバイザーにのみ実名情報が開示されます。
連絡先(携帯電話番号、メールアドレスなど)といった個人情報は、バトンズ本部確認用で開示はされません。

交渉ステータス別に開示される情報は、こちらもご参照ください。
勤務先情報を入力するのに抵抗があり、他に手段はありませんか?
バトンズや売り手から勤務先にご連絡することは一切ございませんので、ご安心ください。
特に個人の方は、勤務先情報を含めた買い手情報をしっかりご入力いただくことで、売り手から実名開示依頼を承諾してもらえる可能性が高まるため、ご入力をお願いしています。
買い手情報や買いニーズ情報を編集するにはどうすればよいですか?
「アカウント情報の管理」メニューより、基本情報、経歴・所属情報および買いニーズ情報の編集が可能です。
それぞれ[編集する]ボタンを押して編集してください。

買い手の進め方について

M&A交渉はどのように進めていくのですか?
会員登録、買いニーズ登録の後、マッチング(売り案件の探索・質問・実名開示依頼)、トップ面談、基本合意、企業調査、最終契約というステップで進めていきます。
M&Aの進め方(各ステップの内容、バトンズの使い方、進める上でのポイント)について、詳しく解説しているガイドページを用意しています。
こちらをご参照ください。
M&A譲受・買収について相談することは可能ですか?
バトンズに登録している1,600社超の支援専門家(アドバイザー)に、相談・依頼することができます。
バトンズに掲載している案件はもちろん、支援専門家(アドバイザー)の方が持っている非公開案件も含めて、案件探索、交渉、企業調査(デューデリジェンス)など、様々なサービスを提供しています。
ご希望の買い手の方は、こちらから、支援専門家に相談・依頼をしてみてください。
どうすれば売り案件について詳しく知れますか?
本人確認を行った後、気になる売り案件に直接質問や実名開示依頼をすることができます。
質問では、秘密保持誓約前のため、売り手の特定につながる質問はできません。
秘密保持に誓約をして、実名開示依頼が売り手から承諾されると、実名情報が開示されます。
実名交渉では、決算書、取引先一覧、従業員一覧といった資料のやりとりが可能となります。
売り手が事前に登録した資料は、「メッセージBOX」にある[交渉相手の情報を見る]というボタンから閲覧することができます。

秘密保持の関係で、バトンズからお伝えすることはできない旨、予めご了承ください。
買いニーズにマッチした売り案件や新着の売り案件を受け取るにはどうすればよいですか?
バトンズでは、買いニーズ情報を登録いただくと、ニーズにマッチした新着売り案件が公開された際に、メールでお知らせする機能があります。
メール受信設定については、「アカウント情報の管理」メニューから、メールマガジンの[受信する]ボタンを押してください。
売り案件の「限定公開」とは何ですか?
限定公開の案件は、売り手の方が、バトンズに登録している支援専門家(アドバイザー)のみとマッチングを希望している売り案件となります。
バトンズに登録している支援専門家に依頼すると、マッチングをすることができます。
売り案件の「公開準備中」とは何ですか?
公開準備中の案件は、「支援専門家への委託相談中」または「バトンズで本人確認・審査中」の案件となります。
案件一覧画面で「公開されたら通知する」というボタンを押すと、本案件が公開となった際にメールで通知いたします。
売り案件に実名開示依頼をする際、希望する買収価額はいくらとすればよいですか?
希望する買収価額は、最初の目安/買い手の方の予算感を記入してくだい。実際の成約価額をこの範囲内で交渉するというものではありません。
実名開示依頼が承諾された後、売り手から開示される情報および企業調査を経て、売り手・買い手双方で条件調整をしていきます。
実名開示依頼が否認されることありますか?
あります。
売り手にとって、実名情報を開示することは大きな意思決定となり、譲渡後のイメージができないなどの理由で否認となることもあります。
予めご了承ください。
基本合意書や譲渡契約書の作成はどうすればよいですか?
バトンズでは、基本合意書や譲渡契約書の一般的な雛形を皆様に提供していますが、支援専門家のアドバイスを受けながら文書を作成することをおすすめしています。
基本合意書や譲渡契約書は、開示情報が事実でなかった時の賠償条項など、売り手・買い手双方にとって非常に重要な条項が規定されます。

詳しくは、こちらもご参照ください。
募集終了している売り案件と交渉したいのですが、どうすればよいですか?
募集終了した売り案件とコンタクトを取ることはできません。
交渉相手からの回答がない場合どうすればよいですか?
前提として、バトンズでは売り手・買い手双方に、スピーディーな返信とビジネスマナーを持った応対をお願いしています。

交渉相手から返答がない、または遅いと感じたら、再度メッセージを送ってみてください。
それでも返答がない売り手の場合は、その方との交渉を中止して頂いて結構です。
交渉を中止した、または見送られた売り手へ再度、実名開示依頼を行い交渉再開することはできますか?
交渉再開はできません。
一度交渉の中止、実名開示依頼の見送りが行われた場合、同じ売り手への質問や実名開示依頼はできなくなるのでご注意ください。
交渉中の売り手と交渉を中止したい場合どうすればよいですか?
「メッセージBOX」で当該売り手との交渉を選択いただき[交渉を中止する]というボタンを押すと、交渉を中止することができます。
一度交渉を中止してしまうと、その後同じお相手との交渉を再開することができなくなるのでご注意ください。
第三者に実名開示を受けた売り案件情報を提供してもよいですか?
秘密保持誓約における禁止事項です。
相談ベースであっても、お知り合いに売り案件情報を開示することは契約違反となります。
情報漏洩による損害賠償請求に発展する可能性もあるためご注意ください。
買収資金の調達はできますか?
現時点でバトンズとして資金調達のサービスメニューはございません。
バトンズに登録している支援専門家には、資金調達支援を専門分野としている方もいます。
「支援専門家一覧」を使って、相談・依頼をしてみてください。

支援専門家について

支援専門家とはどのような人たちですか?
支援専門家とは、M&A・事業承継を支援する専門家のことです。
M&A専業の事業者、M&Aを支援している士業事務所・コンサルティング会社・中小企業の経営支援を行う事業者などが登録しています。
支援専門家一覧で、M&Aの全ての工程を委託できる専門家には「総合M&Aアドバイザー」、企業調査・契約書作成など一部の工程を委託できる専門家には「専門アドバイザー」というバッチが付与されています。
総合M&Aアドバイザーとは何をしてくれる専門家ですか?
売り手、買い手に代わって、M&Aの全てを支援してくれます。
M&A交渉で発生する財務・税務・労務・法務といった数多くの論点を解消し、トラブルの無い成約へと導いてくれます。
M&A成約実績のある方が、総合M&Aアドバイザーとして登録しています。
専門アドバイザーとは何をしてくれる専門家ですか?
M&A交渉を進める中で、一部の工程、論点の解消を支援してくれます。
例えば、企業評価、不動産鑑定、企業調査、資金調達、契約書、登記、経営改善・事業再生、廃業、PMIといった専門分野を持つ方が登録しています。
バトンズの「支援専門家一覧」から専門分野検索をすることができます。
支援専門家に依頼すると、料金はどれぐらいかかりますか?
バトンズの「支援専門家一覧」にある各社PRページで、サービス内容・料金体系を見ることができます。
支援専門家によって料金体系は異なりますので、まずは提案を受けてみてください。

総合M&Aアドバイザー(M&A全工程の委託)のバトンズの相場としては、成功報酬型で最低報酬200万円~という方が多くなっています。
これは、従来のM&A専業事業者に委託した場合の手数料と比較すると、1/5~1/10の水準となります。

成約について

成約価額とは何ですか?
成約価額とは、M&Aなど複数の取引形態で取り交わされる、買い手から売り手に支払われる対価となります。
「譲渡価額」「譲渡額」といった表記も同義となります。
M&Aなどの実行に関連し、役員退職慰労金の支払い・役員貸付金の返済・売り手所有不動産の譲渡・配当金・自己株式の取得・保証金又は敷金など、実質的に対価と認められる場合には、当該金額も成約価額に含まれます。

詳しくは、こちらをご参照ください。
成約した場合、どんな手続きが必要ですか?
バトンズへの成約後、3日以内のご報告、最終契約写しの提出をお願いしています。
詳しくは、こちらをご参照ください。
成約事例に実名がでてしまうのですか?
成約事例記事へのご協力をお願いしていますが、ご協力は任意となっております。
ご協力いただける場合、実名・匿名のどちらでも対応可能となります。

料金について

どのタイミングから料金が発生しますか?
バトンズは無料でお使いいただけます。
バトンズへの利用料金が発生するのは、成約時に買い手の方のみです。
買い手の方は、成約時に成約価額の2%(最低報酬なし)、売り手の方は全て無料です。

支援専門家(総合M&Aアドバイザー)に委託した場合、支援専門家への料金は基本的に成功報酬型をとる方が大多数となります。
※「基本合意締結時:10~20万円+成約時:成功報酬」という支援専門家の方もいらっしゃいます
バトンズに支払う手数料はいくらですか?
売り手の方は無料、買い手の方は成約時に成約価額の2%(最低報酬なし)のみとなります。
アドバイザー(支援専門家)に支払う手数料はいくらですか?
成功報酬型をとる支援専門家が大多数となります。
支援専門家によって料金体系が異なります(提案を受けた上でのご契約となります)。

バトンズに登録している支援専門家の相場感としては「成約価額の10%(最低報酬200万円~)」という方が多くなっています。
最低報酬200万円~は、従来のM&A専業事業者に委託する場合の手数料の1/5~1/10の水準です。
※支援専門家によっては、規模が大きいM&Aの場合、成約価額の5%などとなることもありますので、案件都度、支援専門家にご相談ください。

他にご不明な点などありましたら、お気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちら