HP制作、デジタルマーケティング×譲渡希望金額1億円〜2.5億円の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡スキーム
従業員規模
譲渡希望金額
そのほか条件
1~3件を表示 (全3件)
NEW
No.7691 閲覧数:61
公開日:2021.05.18
事業譲渡 専門家あり/手数料あり
NEW 売り案件 No.7691 閲覧数:61 公開日:2021.05.18 事業譲渡 専門家あり/手数料あり

SNSキャンペーン総合管理ツールと法人向けSNS活用事例紹介WEBメディア

IT・Webサイト・ソフトウェア

交渉対象
法人専門家

SNSキャンペーン総合管理ツールと法人向けSNS活用事例紹介WEBメディア

  • 売上高

    1,000万円〜3,000万円

  • 譲渡希望額

    1億円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    未登録

SNSキャンペーン総合管理ツールと法人向けInstagram活用事例紹介WEBメディアの2事業の事業譲渡。 多数の大手取引先を持つSNSキャンペーン総合管理ツールは、契約期間の中で何回キャンペーンを開催しても追加料金なしのため 施策方針の改善、固定ユーザーの定着を狙える。新InstagramAPIにも対応し、予想年間売上高は約5,000万円を見込む。 法人向けInstagram活用事例を紹介するWEBメディアは、平均月間PV10万以上を誇り、メディア宣伝や新規リード獲得に活用可能。 今後、事業の選択と集中を目指し、2事業の事業譲渡を検討。引き継ぎ期間は1ヶ月を想定。
NEW
No.7651 閲覧数:102
公開日:2021.05.17
会社譲渡 専門家あり/手数料あり
NEW 売り案件 No.7651 閲覧数:102 公開日:2021.05.17 会社譲渡 専門家あり/手数料あり

企業・個人データを活用したマーケティング支援事業

IT・Webサイト・ソフトウェア

交渉対象
個人法人専門家

企業・個人データを活用したマーケティング支援事業

  • 売上高

    1億円〜2億円

  • 譲渡希望額

    1億円

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    10年以上

《事業内容》企業・個人データを活用したマーケティング支援事業 《事業の強み特徴》4000万件をこえるデータベースを保有/ターゲットにダイレクトにアプローチ可能
No.7344 閲覧数:710
公開日:2021.04.02
会社譲渡 専門家あり/手数料なし
売り案件 No.7344 閲覧数:710 公開日:2021.04.02 会社譲渡 専門家あり/手数料なし

デジタルマーケティングサービス事業会社の譲渡

IT・Webサイト・ソフトウェア

交渉対象
法人専門家

デジタルマーケティングサービス事業会社の譲渡

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    2億2,500万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    未登録

■事業内容 ・カスタマージャーニー  デジタルから電話、対面にいたるまで、あらゆる顧客接点チャネルで、消費者が重視するブランドとのコミュニケーションに フィットする適切なカスタマージャーニーを設計 ・インターネット広告  「枠の属性」、「閲覧者の情報」に基づいて上限のクリック単価を調整することができるディスプレイ広告を運用 ・リスティング広告  キーワードごとにデータを把握し、過去のデータを分析したアルゴリズムを使用することで入札金額を計算 ・ショッピングキャンペーン  ECサイト様のジャンル構成や、ジャンルごとの商品数に応じて、検索連動、Gショッピングといった2パターンの構成をベースに、アカウント構成を最適化 ・リターゲティング  サイト内での動向やリターゲティングに対する反応を見ながら、集団ではなくリーチ率の高い個人に常に最適化したCPMで広告掲載 ・オムニチャンネルソリューション  ネットや実店舗などあらゆる顧客接点や情報をシームレスに融合することで新たな価値を生み出す、オムニチャネルプロモーション戦略をサポート ■事業の特徴・強み ・オンラインを活用した集客サービスのマーケティング施策にとどまらず、コールセンター・リアル店舗への誘導によるオフラインチャネルも含めたマーケティング施策全般の提供まで一気通貫で行うことが可能 ・金融、通信、旅、教育、総合通販、メーカー通販、人材、小売、自動車、不動産等、幅広い業種にデジタルマーケティングサービスを提供可能 ・シミュレーション機能やAdobe Analyticsとの連動も可能なAdobe Advertising Cloud Searchなどのツールを利用しているため、設定予算内で成果の最大化が可能 ・インプレッション数やクリック数で推し量るのではなく、「認知CV」を活用しているためブランド広告認知度の最大化が測れる