交渉対象:すべての方

フィリピンセブ島でのBPO企業

No.6970
公開中
公開日:2021.02.25
閲覧数:783
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.6970 閲覧数:783 公開日:2021.02.25 事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
No.6970
公開日:2021.02.25
閲覧数:783
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.6970 閲覧数:783 公開日:2021.02.25 事業譲渡 専門家なし

フィリピンセブ島でのBPO企業

M&A案件概要
事業内容
フィリピンセブ島でのBPO事業を行っております。 現地での法人または事務所やオフィスの備品(ほぼ新品)等の譲渡になります。 現在の日本企業での業務の外注により大幅なコスト削減が可能になります。 また日本でBPO事業を行っております企業様は海外への販路の展開が可能になります。 現地での法人設立でのサポートや現法人をそのまま引き継いでの運営等の際でも柔軟に対応いたします。
譲渡希望金額
400万円
会社概要
業種
サービス業(法人向け) > その他法人向けサービス
事業形態
法人
所在地
アジア
設立年月
未登録
M&A譲渡概要
譲渡対象
事業譲渡
譲渡対象(詳細)
在庫, 建物・付属設備, 賃貸借契約, 取引先, 従業員
【補足】オフィスにつきましては再度契約を巻き直す形になりますが敷金等はかなり安価での引き継ぎが可能になります。
M&A交渉対象
すべて(個人も含む)
譲渡に際して最も重視する点
価格
譲渡理由
選択と集中
支援専門家の有無
なし
財務概要
売上高
0円〜1,000万円
売上総利益
営業利益
役員報酬総額
減価償却費
現預金等
売掛金等
金融借入金
純資産
会員登録していただくとより詳細な情報を見ることができるようになります。
事業概要
商流
日本企業からの業務の外注化になります。 パソコンを使用しての作業(データー編集、ショッピングサイトの加工等) 自社の業務を外注や現在業務委託業等を行っております企業様は海外BPO事業として拡大を図れます。
アピールポイント
オフィス物件の契約の際にかかる初期費用の中で、 物件選定 敷金 業務用空調 パソコン、机などがオフィスの備品がすべて揃っております。 また新たに法人設立する場合も登記のサポートや士業連携等、現地の日本人、フィリピン人がおりますので 遠隔で進めていくことも可能になり早い立上げが可能になります。 また現取引先についても譲渡可能になります。 現在国内でのBPO事業を行っております企業様は業績が好調の企業様が多く、今後海外BPO事業へ展開される企業様も増えてくることかと思われます。
従業員・組織
現在日本人責任者1名  フィリピン人経理責任者1名 フィリピン人スタッフ2名
この売り案件を見た人は、こちらのM&A案件も見ています