交渉対象:すべての方

コーヒー専門のセルフカフェチェーン店

No.6702
公開中
公開日:2021.01.15
閲覧数:1825
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.6702 閲覧数:1825 公開日:2021.01.15 事業譲渡 専門家なし
動画あり
交渉対象:すべての方
No.6702
公開日:2021.01.15
閲覧数:1825
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.6702 閲覧数:1825 公開日:2021.01.15 事業譲渡 専門家なし
動画あり

コーヒー専門のセルフカフェチェーン店

M&A案件概要
事業内容
なんばエリアにあるカフェです。 近隣に、なんばCITY・なんばパークス・黒門市場等の施設があり 買い物客、サラリーマンなど多数、そして以前は多くの観光客、訪日外国人など フランチャイズのカフェチェーンになります。 店内は完全分煙されています。
バトンズ本部コメント
売り手様は、デザイン事業と飲食事業を運営されており、コロナ影響を契機とした選択と集中がご譲渡の背景となります。 現状フランチャイズ店となりますが、提供メニューや営業時間は個店オーナーで決定できる部分が大きいようです。 引き継ぎ後は、FCモデルで継続する・しないを買い手の方で選択可能とのことです(FC本部確認済み)。 インバウンド客やサラリーマン客が多い立地が強みとなります。 直近はコロナ影響で収支は少し赤字が出ているようですが、コロナ前は売上約2,000万円、利益200~300万円であったとのことです。 営業開始は約13年前となりますが、内装・設備等の開業資金は約3,000万円で、その資産一式を引き継ぐことができます。 譲渡価格以外に、不動産契約の引き継ぎで約200万円、FCモデルを続ける場合は加盟金・保証金(約350万円)が必要となります。 飲食・カフェの拠点拡大や新規開業を目指す買い手の方におすすめできる案件です。
譲渡希望金額
500万円
会社概要
業種
飲食店・食品 > カフェ
事業形態
法人
所在地
大阪府
設立年月
10年以上
M&A譲渡概要
譲渡対象
事業譲渡
譲渡対象(詳細)
在庫, 建物・付属設備, 賃貸借契約, 取引先, ノウハウ, 特許・商標
M&A交渉対象
すべて(個人も含む)
譲渡に際して最も重視する点
価格
譲渡理由
選択と集中
支援専門家の有無
なし
財務概要
売上高
1,000万円〜3,000万円
売上総利益
営業利益
役員報酬総額
減価償却費
現預金等
売掛金等
金融借入金
純資産
会員登録していただくとより詳細な情報を見ることができるようになります。
事業概要
商流
食材の在庫管理を行い、仕入れ先に発注、店舗に納入しています。 しっかりとしたマニュアル、サポート体制があるので譲渡後もスムーズに運営できます。
アピールポイント
近隣に、なんばCITY・なんばパークス・大型ホテル・黒門市場等の施設があります。 エスプレッソベースのドリンクとホットケーキが人気です。 常に人通りが多く、リピーターのお客様はもちろん、以前は外国人のお客様も多いです。 平日: サラリーマン・買い物客・カップル・外国人のお客様 週末; 家族連れ・カップル・買い物客・外国人のお客様
従業員・組織
定番メニューを揃え、アルバイト・パートでもできるメニューとなっています。 中でもホットケーキは人気商品でよくご注文頂いております。 譲渡後にモーニングメニュー・ランチメニューを導入すればまだまだ売り上げUPするでしょう。
この売り案件を見た人は、こちらのM&A案件も見ています