交渉対象:すべての方

【地価高騰中の北海道 富良野エリア】源泉かけ流し高級温泉旅館

No.5611
公開中
公開日:2020.09.02
閲覧数:2140
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.5611 閲覧数:2140 公開日:2020.09.02 事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
No.5611
公開日:2020.09.02
閲覧数:2140
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.5611 閲覧数:2140 公開日:2020.09.02 事業譲渡 専門家なし

【地価高騰中の北海道 富良野エリア】源泉かけ流し高級温泉旅館

M&A案件概要
事業内容
【地価高騰中の富良野エリア】 北海道内の有名観光地の温泉旅館です。 源泉かけ流しの高級温泉旅館。 夏の観光シーズンは勿論、冬はスキー客で稼働率が上がります。 客単価はオフシーズンは1人約16,000円、夏季の繁忙期は約23,000円ほどとなります。 近年富良野エリアは第2のニセコと言われており、地価が高騰しております。ニセコは日本一地価が高騰し、世界中の投資家が次のニセコを探しており、その候補が富良野となっています。富良野もこの3,4年ほどで地価が上がっております。 ニセコは冬の集客はありますが、夏の集客が弱く、ホテルなどは通年を通しての稼働が上がっていませんが、富良野は夏はラベンダー観光で世界中から多くの観光客が訪れ、冬はスキー客で世界中から訪れます。 宿泊施設もまだ少なく、ニセコよりも軌道に乗せることが容易です。 当館については、数年前にリノベーションを実施し、館内は奇麗でモダンな雰囲気となっています。 温泉は源泉かけ流しで、自己所有となっており、掘削に8,000万ほど掛かりましたので、その点でも資産価値は高いと思われます。 コロナの影響で現在は稼働率は下がっておりますが、リニューアル以来毎年増収となっていました。 コロナ以前には不動産での売却を検討していた際には、海外の投資家から2億ほどでの引き合いもありましたので、コロナが収束し、海外からの観光客が戻ってきた際には投資物件としての価値も高まることも予想されます。
譲渡希望金額
1億円〜2.5億円
会社概要
業種
旅行業・宿泊施設 > ホテル・旅館
事業形態
法人
所在地
北海道
設立年月
10年以上
従業員数
20人〜49人
M&A譲渡概要
譲渡対象
事業譲渡
譲渡対象(詳細)
建物・付属設備
【補足】借入等の債務については売却代金より弊社が支払いますので、負債は無しでの売却となります。
M&A交渉対象
すべて(個人も含む)
マッチング希望条件
売却価格は1,3億となります。 早期売却を希望していますので、スピード感を持って対応頂けると幸いです。 物件概要は下記をご覧ください http://fudosan.cbiz.ne.jp/detailPage/sale/1062/7103/
その他希望条件
従業員雇用継続
【補足】従業員は現在と雇用条件は同条件以上で継続して雇用頂けますようお願いします。
譲渡に際して最も重視する点
価格
譲渡理由
選択と集中
支援専門家の有無
なし
財務概要
売上高
5,000万円〜1億円
売上総利益
営業利益
役員報酬総額
減価償却費
現預金等
売掛金等
金融借入金
純資産
会員登録していただくとより詳細な情報を見ることができるようになります。
事業概要
商流
予約の多くは楽天やじゃらんなどインターネットサイトからとなりますので、事業を引き継いでも継続して集客が見込めます。 コロナの影響でインバウンドがなくなりましたが、源泉かけ流しの温泉があることで、日本人の旅行者は継続して見込めます。 5年ほど前に大規模修繕をしましたので、客室等はきれいな状態です。
アピールポイント
休館中だった温泉旅館を購入し、5年前に大規模リノベーションを実施しました。部屋、フロント、ロビー等モダンな雰囲気に改修をしました。 毎年必要な個所を定期的に費用をかけてメンテナンスをしています。 温泉の源泉は自己所有となります。温泉を掘削するだけでこの旅館では8,000万掛かりました。 新たに掘削するこ事などを考えますと割安と思います。 売り上げについては、休館から営業再開後は毎年売り上げが増加しております。 現在はコロナの影響で売り上げは落ちていますが、GO TOトラベルによって落ち込みは抑えられています。 売り上げ0から毎年売り上げを伸ばし続けております。 旅館ですがコース料理を提供するなど、他とは違った趣向がお客様に受け入れられております。
従業員・組織
正社員3名 アルバイト4名 現在はコロナの影響で人員を削減して営業しています。
この売り案件を見た人は、こちらのM&A案件も見ています