交渉対象:すべての方

食品メーカー|ブランド調味料|世界10カ国で取引|月100万impメディア付き

No.4037
募集終了
公開日:2019.09.13
閲覧数:1948
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.4037 閲覧数:1948 公開日:2019.09.13 事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
No.4037
公開日:2019.09.13
閲覧数:1948
事業譲渡 専門家なし
交渉対象:すべての方
売り案件No.4037 閲覧数:1948 公開日:2019.09.13 事業譲渡 専門家なし

食品メーカー|ブランド調味料|世界10カ国で取引|月100万impメディア付き

M&A案件概要
事業内容
関東のご当地名産物をつかった無添加・伝統製法の調味料を開発・販売しています。産地の方々にも応援して頂きながら、事業を運営してきました。 国内・アメリカでのEC販売をメインに、食フェスなどのイベントでも一部店頭販売しています。ECと店頭販売の売上比率は9:1くらいです。BtoBで飲食店への販売もございます。 2018年に立ち上がった事業ながら、SNS・オウンドメディアを含めて月間のインプレッション数は100万を超えています。 そのためECでの購入が多く、通常の食品ブランドと比較して利益率が大きく改善されています。高付加価値の商品のため、価格が高いことも利益率を改善する要因になっています。 法人営業には手をつけていませんので、今後は高級スーパー、百貨店、飲食店への卸売を促進することで、大規模なビジネスにすることが可能です。
譲渡希望金額
1,000万円〜2,000万円
会社概要
業種
飲食店・食品 > 菓子製造販売
事業形態
個人事業
所在地
東京都
設立年月
10年未満
従業員数
なし
M&A譲渡概要
譲渡対象
事業譲渡
譲渡対象(詳細)
在庫, 取引先, ノウハウ, 特許・商標
【補足】本件は以下の譲渡案件です。 ・調味料ブランドの開発および販売権 ・調味料および使用用途メニューのレシピ ・合計で月間100万インプレッションを超えるSNSとオウンドメディア ・これまでの販売実績のある顧客情報 店舗や工場を持たないため、賃借料などは一切お支払いいただく可能性はございません。 従業員との関係性構築も必要なく、ブランドをご利用いただけます。在庫もございますので、すぐに事業を開始していただけます。 事業譲渡にあたっては、顧客開拓の方法や仕入先のご紹介などは、責任をもって対応させていただきます。
M&A交渉対象
すべて(個人も含む)
譲渡に際して最も重視する点
価格
譲渡理由
選択と集中
【補足】当事業は、グローバルで年商50〜100億円規模のビジネスになると言われています。 一方で、代表が別業態の事業にリソースを割くことに決定しました。 そのため当事業の譲渡を希望します。 月間100万impのメディアを持っていること、 さらに、世界10カ国の取引でブランディングが確立しているので、 個人の副業としての展開や実事業に関連した新展開などに、とても有利な事業です。
支援専門家の有無
なし
財務概要
売上高
0円〜1,000万円
売上総利益
営業利益
役員報酬総額
減価償却費
現預金等
売掛金等
金融借入金
純資産
会員登録していただくとより詳細な情報を見ることができるようになります。
事業概要
商流
[顧客、エンドユーザーについて] <お客様の属性> ・男性60%、女性40% ・男性では、30代が30%と最も多い ・女性では、40代が10%と最も多い ・国内では、関東を中心に全国から購入有り ・海外では、アメリカ、ヨーロッパを中心に10カ国から購入あり 日本発で海外に出ているブランドのため、新聞・ネットメディア含めて10社ほど取り上げられています。 [仕入れ先の特徴や関係性について] 生産者と築いてきた関係性を丁寧に、引き継がせていただきます。
アピールポイント
[商品・技術・サービスの特徴や魅力] 無添加、国産の素材に拘った高付加価値の調味料を開発・販売しています。 ご当地で話題の素材を使っていることから、地域のお客様をはじめ多くの方に親しまれています。 ラベルにもこだわり、日本人にも外国の方にも魅力的に見えるよう、アーティストに依頼してデザインしました。 創業100年を超える伝統のある製造所と共同開発して、伝統技術を活かして創り上げた逸品です。 開発は、事業者である私がすべて担当しています。 製造は、製造所に委託して行っています。 調味料自体のレシピ開発およびラベルデザインも完成しているため、食品業界未経験の方でも可能です。 [当事業の歴史や創業の背景、想い] 食品関係に強い想いを持っており、友人のシェフと一緒に立ち上げました。 日本から世界でも戦えるブランドをつくるために、これまで尽力してきました。 当事業の商品が、世界中で使われることを夢見ています。 [事業の強み、発展性] ・調味料という大きい市場規模の中で、類似の商品が1つ程度しかないことから、法人化して店舗開拓を地道にしていくことで、グローバルで50億〜100億円規模のビジネスになると言われています。 ・調味料は一度慣れ親しむと、他の商品に移りづらい傾向があります。そのため、継続購入の可能性が高い商品です。 ・国内および世界10カ国ですでに取引実績があり、10社のメディアに取り上げられているため、ブランディングが確立しています。 ・現在はECでの販売のみしか力をいれていませんが、海外で話題になったことから、日本の店舗への逆輸入を狙うことができます。 ・フードグラマーとの提携も決まっており、今後もECでの販売も伸ばしていくことができます。さらに、大手ECからの取引依頼もきています。 ・国内唯一の技術を持っている製造所での生産体制が整っています。 ・生産者から素材を直接仕入れるルートが整っています。 ・ビジネス規模が大きくなれば、ベトナムでの工場を紹介することも可能です。 [店舗、拠点の立地や設備] 製造は協力工場に委託しています。 工場と従業員を抱えていないため、リスクがなく、新規事業として始めやすい体制です。
従業員・組織
この売り案件を見た人は、こちらのM&A案件も見ています