アパレルの事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件
101~120件を表示 (全132件)
No:3612 閲覧数:4781
公開日:2019.05.13
支援専門家あり
売り案件 No:3612 閲覧数:4781 公開日:2019.05.13
支援専門家あり

愛知県内の昔からの街並みの中で営業している呉服店・レンタル衣裳店

アパレル

交渉対象
個人法人専門家

愛知県内の昔からの街並みの中で営業している呉服店・レンタル衣裳店

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    100万円〜300万円

  • 地域

    愛知県

  • 創業

    50年以上

1.呉服・着物・浴衣の販売 2.呉服・着物のレンタル 3.着物の洗い・染み抜き 4.着付け・メイク・ヘアーのサービスや写真撮影(外注利用) 昔ながらの呉服屋さんとして、販売だけでなく、レンタルから補修や洗いなど、買った後も末永くお付き合いできるお店です。 こちらの案件のイメージとしては、居抜き物件に付け加えて、 前オーナーに知り合えることによる、 ①過去の経験や商慣習を相談できること ②営業実態の継承ができること ③ちょっとは在庫もあり、すぐに販売に使えること ④仕入先や外注業者の紹介も受けられること 現在は引き継ぐ程の価値がある売上は少ないこともあり、 その分は譲渡価格の割安さで勘案しております。 小売業・サービス業の開業希望で、「自分の店を持ちたい」、周囲ともコラボしてスモールビジネスを展開したいというニーズがある方にお勧めの案件になります。
No:588 閲覧数:1274
公開日:2019.02.08
支援専門家あり
売り案件 No:588 閲覧数:1274 公開日:2019.02.08
支援専門家あり

肩パット製造会社 ポケット等の衣料付属品の裁断・縫製対応可。

アパレル

交渉対象
個人法人専門家

肩パット製造会社 ポケット等の衣料付属品の裁断・縫製対応可。

  • 売上高

    非公開

  • 譲渡希望額

    100万円未満

  • 地域

    東海地方

  • 創業

    20年以上

社長は創業前は有名な商業施設で働いていらっしゃいました。 ファッションのセンスがあり、デザイン性がある商品の目利きは出来る為、製造としては知識がほぼ0の状態でありましたが、一念発起して約30年前に立ち上げられました。 創業当時は社長とデザイナーが協力して1つ1つパターンを起こし量産する形を取っておりました。 現在は形はでつくしてる為改めて起こすことはほとんどないとのことですが、中国産の製品が増えている中で、多少高くても、国産のいいものを提供したいという思いで製造されてらっしゃいます。 若くて勢いのある従業員様に後継ぎについてお話をしたことはあったのですが、首を縦に振らず、後継者不在の為ご譲渡を検討されてらっしゃいます。 全国で競合が5~6社しかいないとのことなので、特定を避ける為ややぼかして記載致します。 単価 @50~170円 今いらっしゃる人数でフル生産すると、1ヶ月で8~10万点製造可能。 現状の稼働率は6~7割です。 機械ベースだと、ものによりますが1ヶ月で12~13万点製造可能と聞いております。 CAD/CAMで車のシートの裁断やCAD/CAMをお持ちでいない他社から、衣料の裁断の依頼を受けて裁断のみの作業もしております。最大2500~2600点/日 (売上の1~2割程度です) 閑散期 夏物をつくる時期 3月、4月、5月 この間によく出るものを作り貯めしておくとのことです。 繁忙期 冬物       お盆明け~1月までがお忙しいとのことです。 土地建物 賃貸 地代家賃 27~28万円 従業員 正社員3人 約20~40万円/月 パート、バイト10人 ほとんどフルタイムで働いてらっしゃるとのことです。 以前は社長が営業をしておりましたが今は殆ど営業をしていない為、営業マンをおくともっと売上が伸びる可能性はあるかもしれないとのことです。
No:396 閲覧数:1921
公開日:2019.02.06
支援専門家あり
売り案件 No:396 閲覧数:1921 公開日:2019.02.06
支援専門家あり

★急成長マーケット★介護施設向け衣料品訪問販売他

アパレル

交渉対象
個人法人専門家

★急成長マーケット★介護施設向け衣料品訪問販売他

  • 売上高

    非公開

  • 譲渡希望額

    100万円〜300万円

  • 地域

    関東地方

  • 創業

    50年以上

事業起ち上げの経緯:元々は別事業を本業としている会社ですが、従業員の高齢化、技術承継が上手くいっていないなど将来性に不安を感じたため、取締役(社長のご子息であり、今回ご相談者)が新規事業として本件事業を起ち上げたもの。 検討の経緯:起ち上げから3年近く経ち、事業は軌道に乗ってきたものの、本業が赤字を垂れ流している状況もあり、会社自体は清算する方向で調整しているとのこと。その中で、社長と取締役とで考え方に相違があり、取締役はこの事業だけでもやっていきたい考えを持っている。ただ、社長からの支援はなくなるため、資金があり一緒にやっていける方がいれば、という思いで本件検討に至る。 事業の概要:流行り廃りの少ない、高齢者でも着やすい低~中価格帯の衣料品を問屋から仕入れ、介護施設へ訪問販売を行っている。介護施設では、高齢者が自分で衣料品を買いに行ったりすることが少ない、またはできない方も多いので、目の前で好きな衣料品を選べるということでウケているとのこと。施設側としても、この訪問販売をイベントの一環とすることで、利用者へのサービス向上策として利用している向きもあるもよう。購入者の8割が女性で、客単価は1万円弱程度。1着あたりの平均単価は3,000~4,000円程度。通販サイトも運営しているが、こちらからの売上はほぼない。 付随事業について:当該事業とは別途、お役立ちアプリ制作なども行っており、今回このアプリも譲渡対象とする。以前はエンジニアを雇っていたものの、現在は不在となっており、今後アプリを開発するためにはエンジニアが別途必要。
No:421 閲覧数:1032
公開日:2018.12.13
支援専門家あり
売り案件 No:421 閲覧数:1032 公開日:2018.12.13