その他旅行業・宿泊施設の事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
業種
地域
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件

旅行業・宿泊施設の特徴 旅行業法における旅行業とは、旅行業、旅行業者代理業と旅行手配業に分けられ、観光庁長官または都道府県知事の登録が必要です。そのうち、旅行業と旅行業者代理業については、業務範囲により、第1~3種、地域限定と旅行業者代理業者の5つに区分されています。 宿泊施設は、リゾートホテルのような大規模な施設から民宿やペンションなどの小規模な施設、近年では民泊施設があり、多様な形態があります。 これまで日本人の海外旅行者数と国内旅行者数、訪日外国旅行者数の増加により、旅行や宿泊施設の市場は拡大中でしたが、コロナウィルスの影響を最も受けた業界のひとつであり、一気に市場が冷え込んで窮地に立たされています。 M&Aの検討においては、Go Toトラベルキャンペーンなどの効果も勘案したうえで判断が必要です。またインターネットの普及により、ビジネスモデルを見直し、効率性や生産性などを上げるだけでなく、顧客サービス向上ための努力が必要となっています。

1~4件を表示 (全4件)

旅行業・宿泊施設のM&Aでチェックすべきポイント

1. 売上分析

旅行業・宿泊業ともに不況に弱いビジネスモデルであり、直近では新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けています。一方で、GoToトラベルキャンペーンを追い風として業績が回復しているケースもあり、これらの効果を判定するためにも月次試算表ベースでの売上推移を必ず確認すべきといえます。

2. 不動産(宿泊業の場合)

宿泊業の場合には、いわゆる箱物ビジネスであるため、土地、建物それぞれ誰が所有しM&Aにおいてどのような扱いになっているのかは、最重要確認ポイントとなります。自社で建物を所有している場合は、その建物の築年や取得原価だけでなく、どのような修繕がいつ行われたのか、今後どのような修繕が必要になってくるのかの把握や増改築等で建築基準法やホテル業法等に違反が生じてしいないか等のチェックが必要です。他社から賃借の場合はその賃貸借契約の内容を、オペレーションは別会社というパターンもあります。オペレーション契約がある場合はその内容を確認しましょう。