娯楽・レジャーの事業承継・M&A売り案件一覧

詳しい条件を指定する
売上高
営業利益 ※ ログイン後にご利用いただけます
譲渡希望金額
そのほか条件
  • ...
1~20件を表示 (全219件)
NEW
No:5864 閲覧数:215
公開日:2020.09.28
支援専門家なし
NEW 売り案件 No:5864 閲覧数:215 公開日:2020.09.28
支援専門家なし

明治時代末期から存続する、茅葺き屋根の民宿

娯楽・レジャー

交渉対象
個人法人専門家

明治時代末期から存続する、茅葺き屋根の民宿

  • 売上高

    0円〜1,000万円

  • 譲渡希望額

    3,000万円〜5,000万円

  • 地域

    栃木県

  • 創業

    10年未満

旅行サイトでも「1日1組限定1棟貸し」ということで高評価を得ている、明治時代末期から存続する茅葺き屋根の民宿です。 当時の佇まいをそのままにというポテンシャル重視しているため、人件費を含めると正直収益としては芳しくありません。 経営状況は現状は赤字です。 運営責任者(支配人クラス)を雇用して運営しているため、人件費としての比重が大きく、 オーナー兼支配人として別棟に住み込んで経営すれば、収益化は見込めると思います。 昨今のコロナの影響で一時期は営業自粛など売り上げは落ちましたが、「1日1組限定1棟貸し」というポテンシャルは「三蜜」を回避することができ、ほかの宿泊者もいないので混雑がないことが魅力で「1日1組限定1棟貸し」が宿泊予約・問い合わせを増加させています。 旅行サイトなどのお客様がメインですが、口コミや紹介なども増えてきています。 コロナ感染拡大以前は、海外旅行サイトを通じて外国人観光客にも人気を博していました。 ある程度のブランディングも確立しており、 「1日1組限定1棟貸し」で明治末期からのそのままの佇まいの茅葺き屋根はメディアや取材なども数多く紹介されています
NEW
No:5728 閲覧数:589
公開日:2020.09.18
支援専門家あり
NEW 売り案件 No:5728 閲覧数:589 公開日:2020.09.18
支援専門家あり

ホテル、民泊事業の売却

娯楽・レジャー

交渉対象
個人法人専門家

ホテル、民泊事業の売却

  • 売上高

    5億円〜10億円

  • 譲渡希望額

    2,000万円〜3,000万円

  • 地域

    東京都

  • 創業

    未登録

【事業内容】 ■訪日外国人向けの観光プラットフォームの運営  *訪日外国人に対し、対象会社が制作したWEB観光プラットフォームを通じて、日本の観光情報を提供   ・SNSやWEBのマルチチャネルでの強みを活かし、宿泊施設、グルメ、アクティビティに関するプロモーションを展開 ■民泊・ホテル事業  *民泊用物件の探索から民泊運用代行(集客・清掃・レベニューマネジメント等)に至るまで民泊事業支援サービスをワンストップで提供   ・民泊特区における民泊条例や民泊新法に対応する合法的な民泊事業の提案   ・インバウンド集客やビジネスユースに適した魅力的な民泊のリフォームプラン、インテリアコーディネートの提案   ・既存施設をインバウンド向けの簡易宿泊所、旅館及びゲストハウスに改装する経営再建案の提案 【事業の特徴・強み】 ■資金力が豊富な投資家との協業  *大手不動産ファンドや大手事業会社との協業により、数多くの案件を受託 ■体験を重視する現代の観光ニーズに合わせた宿泊施設を多数運営  *インバウンドから観光地として人気が高い東京、大阪、沖縄エリアに50件以上のリーズナブルな宿泊施設を運営  *冷蔵庫や洗濯機、キッチン等の豊富な設備を設置し、長期宿泊者のニーズを満たすことで、高稼働率が見込める客室を実現  *運営している客室の8割は30平米以上となっており、大人数による宿泊やファミリー層を獲得することで、同伴係数(1室あたりの宿泊人数)の上昇、ひいてはADR(平均客室単価)の上昇が見込める客室を実現 ■「密」を避けるwithコロナ時代にも対応した運営ノウハウを実現  *オペレーションコストを抑え、収益性の高い運用スキームを確立   ・最新のIoTを導入することで、チェックイン〜チェックアウトまでをスムーズに行える完全無人化の運用体制を構築   ・混雑しがちなフロント清算業務を簡素化することで、withコロナ時代に求められる「密」を避ける環境を実現  *コロナ禍で訪日外国人需要が減少しているものの、地域に根付いた企業に営業をすることで、ビジネスユースを獲得
NEW
No:5611 閲覧数:620
公開日:2020.09.02
支援専門家なし
NEW 売り案件 No:5611 閲覧数:620 公開日:2020.09.02
支援専門家なし

【地価高騰中の北海道 富良野エリア】源泉かけ流し高級温泉旅館

娯楽・レジャー

交渉対象
個人法人専門家

【地価高騰中の北海道 富良野エリア】源泉かけ流し高級温泉旅館

  • 売上高

    5,000万円〜1億円

  • 譲渡希望額

    1億円〜2.5億円

  • 地域

    北海道

  • 創業

    10年以上

【地価高騰中の富良野エリア】 北海道内の有名観光地の温泉旅館です。 源泉かけ流しの高級温泉旅館。 夏の観光シーズンは勿論、冬はスキー客で稼働率が上がります。 客単価はオフシーズンは1人約16,000円、夏季の繁忙期は約23,000円ほどとなります。 近年富良野エリアは第2のニセコと言われており、地価が高騰しております。ニセコは日本一地価が高騰し、世界中の投資家が次のニセコを探しており、その候補が富良野となっています。富良野もこの3,4年ほどで地価が上がっております。 ニセコは冬の集客はありますが、夏の集客が弱く、ホテルなどは通年を通しての稼働が上がっていませんが、富良野は夏はラベンダー観光で世界中から多くの観光客が訪れ、冬はスキー客で世界中から訪れます。 宿泊施設もまだ少なく、ニセコよりも軌道に乗せることが容易です。 当館については、数年前にリノベーションを実施し、館内は奇麗でモダンな雰囲気となっています。 温泉は源泉かけ流しで、自己所有となっており、掘削に8,000万ほど掛かりましたので、その点でも資産価値は高いと思われます。 コロナの影響で現在は稼働率は下がっておりますが、リニューアル以来毎年増収となっていました。 コロナ以前には不動産での売却を検討していた際には、海外の投資家から2億ほどでの引き合いもありましたので、コロナが収束し、海外からの観光客が戻ってきた際には投資物件としての価値も高まることも予想されます。
No:5133 閲覧数:1328
公開日:2020.05.15
支援専門家なし
売り案件 No:5133 閲覧数:1328 公開日:2020.05.15
支援専門家なし

沖縄県 ホテル型・マンスリーマンション事業

娯楽・レジャー

交渉対